パムッカレ (トルコ) : 温泉が造った石灰棚
[ 西アジア略地図 ]
b0049671_19185047.jpg
                                                                 石灰棚


 雪景色・・・ではない。

 石灰分を含んだ水が段差のある地形を流れることで出来る石灰棚。石灰棚と言えば今ではチベット (自治区ではなく本来のチベット地域) 東北部アムド地域の東南ンガワ地方 (現中国支配域四川省阿壩蔵族羌族自治州 : 蔵はチベットの意の漢語) の九寨溝近くの黄龍が有名だが、成り立ちは同じだ。
 イスタンブールからなら20kmほど離れたデニズリまでバスで13時間、そこからはドルムシュ (ミニ・バス) になる。僕の場合にはエフェス遺跡で有名なセルチュクからだったので、デニズリでの乗換えを含めて3時間半程だった。
 ここは古代ローマ、更にその前のヘレニズム王国であるペルガモン王国の時代から保養地があったと言われる温泉地で、往時の遺跡が断崖の上に残されている。黄龍に比してパムッカレが特異なのは、温泉が石灰棚を形成しているということだ。その名も Pamukkale Motel というホテルの中庭に露天の温泉プールがある。湧き出た温水が池を作っているのだが、小魚も泳ぐこの池にはヘレニズム時代の円柱がゴロゴロと沈んでいる。勿論、旅行者が入ることもできる。
 ここから流れ出た石灰分を多く含んだ温水が断崖を下る。流された土や小石、枯葉や小枝などが溜まった部分に石灰が固まり堰になる。堰の内側に溜まった水が流れ出て更にその先に堰を作る。このようにして高低差200mにもなる石灰棚が築かれた。無数の真っ白な石灰棚ひとつひとつに溜まった水は青く輝き、夕刻には赤く染まる。


b0049671_19202785.jpg


 僕がここを訪れたのは1989年初頭なのだが、この時代、本当に写真を撮らなかったのだなと思う。プールの写真も遺跡の写真も、石灰棚を俯瞰した写真も無い。やれやれ、なんてことだ。初めての旅だった当時の僕には、本物の羊飼いとの出会いの方がずっと感動的だったのかもしれない。
 下の写真は羊飼いの写真ではなく、羊飼いにシャッターを押して貰ったものだ。この頃、僕は羊さんと同じような髪形をしていた・・・


b0049671_1921754.jpg

[PR]
by meiguanxi | 2008-12-28 19:28 | 絲綢之路Ⅲ[西亜]
<< 2009年迎春 (クチャの子供達) エフェス遺跡 (トルコ) : ... >>