グルミット(北パキスタン):奇山と杏娘
[ 北部パキスタン略図 ]                 
b0049671_125190.jpg
                                    グルミットからのフンザ川カールン・コー(6877m)

フンザから西にカラコルム・ハイウェイを走ると、トリポール(7720m)やルプガールサール(7200m)の山塊に
行く手を阻まれる。
ここから再び北に進路取ると、ゴジャール地区だ。上部フンザとも呼ばれるが、フンザとは民族が異なり、
ワーヒー人という。彼等の言葉はワーハーン語。


b0049671_1463439.jpgb0049671_1273427.jpg


この北にはパキスタンとタジキスタンに挟まれた、アフガニスタン領の細い渓谷が中国領・新疆ウイグル自治区に
伸びている。そう玄奘が天竺(てんじく:ガンダーラ:現パキスタン)からの帰りに通ったワーハーン回廊だ。
ゴジャール地区は中国との国境までの広い範囲をさすが、ここはカシミールではなく、もはやパミールなのだ。


b0049671_1482146.jpg  道が北を向いて最初の村がグルミット。
  宿は数件あるが、カラコルム・ハイウェイの両脇に広がる
  小さな田園の村だ。安宿に置いてある僅かな品を除けば、
  日用品の買い物をする店もない。
  この辺りの谷は割合に開けていて、
  フンザ川もゆったりと流れている。
  川の上流にはカールン・コー(6977m)の
  美しい奇岩が怪しくそそり立っている。
  背後にはグルミット氷河が迫っていて、
  モレーンの上まで登ることも出来る。

  この辺りの宗教はフンザと同じで、
  イスラーム・シーア派の中のイスマイリー派。
  シーア派一派とはいってもあまり戒律の厳しくはない
  宗派なので、女性達はスカーフをしてはいても
  髪を出している。

  氷河へのミニ・トレッキングの帰り道、
  岩の斜面を駆け下りて来た少女は、
  何も言わずに杏子を差し出してくれた。



b0049671_1262432.jpg
                                                 谷の正面を右に回りこむとフンザ
[PR]
by meiguanxi | 2006-10-19 14:10 | インド・パキスタン | Comments(6)
Commented by lunablanca at 2006-10-19 16:23 x
下から二番目の写真の少女....美人さんですよね~。
山の美しさに負けてないなぁ。
Commented by higuma at 2006-10-19 18:34 x
一瞬びっくりした。なんでいきなり「きょうこ」を差し出したのかと。ワーハーン語。今更ですがまだまだまだまだ∞知らない色んな言語があるのだなあ。孫悟空も通ったのね。
Commented at 2006-10-19 21:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by takigi at 2006-10-19 22:28 x
一人で貧しいところに行くのは、ちょっと危ないかなと思っていますが、地元の人が親切にしてくれましたね^^
Commented by orientlibrary at 2006-10-19 23:33
フンザ、、、落石とインダス真っ逆さま、どっち!?・・みたいな、こわーいカラコルムハイウエイ、、ようやく着いたフンザは本当に桃源郷のようなところでした。
青い空と山の写真、雄大で、でもふところが深くておおらかな感じで、スッとします。
ワーヒーとかパミール、惹かれます。もしもパミールに行かれていたら、ぜひいつかご紹介くださいね♪♪ おねがいいたします。
Commented by meiguanxi at 2006-10-20 02:23
> ランブラスっち
美人だよね~。こんな岩しか無いような淋しい山道を歩いていたら、こんな美少女が、しかも崖を駆け下りて来たんだよ。身も知らぬ外国人である僕にアプリコットを手渡したくって、ただそれだけの為に^^

>higuma さん
僕もこの辺りの言語に詳しい訳ではないんだけど、ワーハーン語と聞いて、直ぐにワーハーン(ワハーン)回廊に思い当たって、かなりな感慨でした。そうかぁ、ここはパミールなんだなぁ~って。

>takigi さん
この辺りの山の人達は概ね友好的でしたよ。そういうのって、旅をしていて本当にほっとするし、嬉しいんです^^

> orientlibrary さん
フンザ、行かれたんですか?! 確かに落石が転落かどっちにする?って感じの道でしたよね^^A; でも人は親切だしカールン・コーの景観は最高だし、特にゴジャールはあまり人の居ないような村ばかりだから、遠くに来たなぁって感慨も相俟って、大きく深呼吸したくなりますよね。
パミールは、シャンドゥール峠を越えてマスツージからチトラールへ行きました。何時か書きますね。シャンドゥール、綺麗でしたよ。

> littleboys 了解^^
<< パスー(北パキスタン):氷河舌端の村 フンザ(北パキスタン):風の谷 >>