アヤ・ソフィア寺院(イスタンブール・トルコ) : 1650年間の証人
[ 西アジア略地図 ]
b0049671_8522234.jpg
                                                          アヤ・ソフィア冬景

 イスタンブール観光のハイライトのひとつアヤソフィアは、スルタン・アフメット・ジャミー(ブルー・モスク)の正面に向かい合って建っている。その紅くごつごつしたとも言える姿は、滑らかな線とドーム、細く鋭角的なミナレットが特徴的なトルコ形式のモスクの最高傑作であるスルタン・アフメットとは対照的な威容だ。嘗てはスルタン・アフメットと同じように、人々が集い、祈る場としての生きたモスクだったが、今は建築それ自体の博物館と成っている。だが、アヤ・ソフィアが建設されたのは、イスラームの創設者であるムハンマドが生まれる210年も前のことだ。勿論、キリスト教会として。


b0049671_8525966.jpgb0049671_8534223.jpg


 イスタンブールの歴史は、紀元前のギリシャ人の殖民に始まるとされる。
 ローマの後期帝政時代、キリスト教を実質的に国教としたコンスタンティヌス大帝は紀元330年、首都をビザンティウムに移し、自らの名をとってコンスタンティノポリス(コンスタンティノープル)とした。
 アヤソフィアというキリスト教会が初めて建てられたのは、紀元360年、コンスタンティヌスの子のコンスタンティウスの時代だ。当時、ローマ、エルサレム、アンティオキア(現トルコ・アンタクヤ、シリア名ハタイ)、アレキサンドリア(現エジプト)と並んで5大本山とされた。アヤソフィアとは、「聖知」の意味。
 395年、ローマ帝国は東西に分裂、コンスタンティノープルは東ローマ帝国の首都となる。アヤソフィアは幾度かの破壊と焼失の後、ユスティニアヌス帝の537年、再建される。これが今日にまで続くアヤソフィアだ。中央ドームの直径33m、高さ56m、幾本もの大理石の柱が支える。ビザンティン建築の傑作だ。東ローマ帝国は1453年まで続くことになるが、1503年にバチカンのサンピエトロ寺院が建立されるまで、アヤソフィアはキリスト教世界にあって最大を誇った。


b0049671_8541750.jpgb0049671_855070.jpg


 東ローマ帝国(ビザンツ帝国)の後半は、外敵の侵入の為に苦難の連続だったが、1453年、ついにオスマン・トルコによって滅ぼされ、1000年の長きに渡った歴史に幕が惹かれる。この時、金角湾を封鎖したコンスタンティノープルに対し、オスマン軍はボスポラスから戦艦を陸に引き上げ、今の新市街の丘を人力で引いて金角湾に出たというのは有名な話し。イスタンブールという名の街の始まりだ。
 さてこの時、イスラームであるトルコは異教徒の教会であるアヤソフィアを破壊しなかった。キリスト教色を払拭し、モスクとして利用したのだ。現在見られるミナレットや、アッラーやムハンマドの名が記された大きなメダリオンは、こうして付け加えられた。
 近代に入ると、ヨーロッパ列強の進出のためにオスマン・トルコは衰退を余儀なくされる。第1次世界大戦で同盟国側に加わって敗れると、国家存亡の危機に陥る。1920年、トルコ国民党のケルマ・パシャ(後に“アタ・チュルク”を名乗る。“トルコの父”の意)はアンカラ(現在の首都)に独立政府を樹立。22年、スルタン=カリフ制が廃止され、翌23年、トルコ共和国が成立する。ケルマ・パシャは政教分離を宣言し、イスラム法を廃止して近代ヨーロッパ法を採用、婦人解放や国語改革も推進し、トルコ近代化政策を推し進めた。現在のトルコ語がアラビア文字ではなくローマ字表記であるのも、この為だ。


b0049671_8553726.jpgb0049671_856510.jpg


 ところである時、アヤソフィア内部の漆喰の下から、見事なモザイク画が幾つも発見される。コンスタンティノープルを征服したオスマン・トルコは、偶像崇拝を禁止したイスラームの常套に反し、アヤソフィアのモザイクを破壊せずに漆喰で塗り込めたのだ。
 モスクとして利用されたのだから、内部にはメッカの方向を示すミフラーブという窪みがある。現在、そのミフラーブの上の天井ドームに、正教系の聖母子像の見事なモザイクが見られる。それは正に、アヤソフィアの数奇な歴史を物語るようである。
 アヤソフィアは、間違いなくこの街の盛衰を1650年間近くもの長きに渡り、静かに見続けて来たのだ。



      新市街ガラタ塔からの旧市街:手前が金角湾・岬の奥はボスポラス海峡・その向こうの陸陰がアジア
b0049671_8563159.jpg
    中央がアヤ・ソフィア・すぐ右がスルタン・アフメット・ジャミィ
                                     1992年、ガラタ橋は新旧2本平行して架かっていた

[PR]
by meiguanxi | 2006-11-04 08:58 | 絲綢之路Ⅲ[西亜] | Comments(4)
Commented by lunablanca at 2006-11-04 14:45 x
口あんぐり。
私のような無知の人は、たぶん大口開けて
「すごいー!すごいー!」って言い続けているんだろうな。
395年とか537年とか日本人って何してたんだろ......。
Commented by lunablanca at 2006-11-04 16:13 x
あっちのほうに、ブックマークさせていただきました。
問題あったら言ってくだされ。┏o ペコッ
Commented by meiguanxi at 2006-11-04 22:58
4世紀終盤といえば大和朝廷の時代で、537年は大化の改新の110年も前です^^A;
縦写真2枚は高い所から撮ってるでしょ。ここに登るスロープが要塞のようでとても重みがあるんです。
古(いにしえ)への通路のよでもあるかな。
えっと、コメントが2つに分れてるということは、もしかして2つ目は鍵を掛けようとしましたか?
思いっきり失敗してますからー!www
Commented by lunablaca at 2006-11-05 13:26 x
(=`ェ´=) ム!
<< イスタンブールの憂鬱・アイリナの微笑 イスタンブール : アジアとヨ... >>