ドウバヤジット (トルコ):民族の十字路
[ 西アジア略地図 ]
b0049671_9421625.jpg
                                    イサク・パジャ・サライドウバヤジット遠景(1989年)


 イスタンブール から直行バスなら24時間、トルコの最東端、それがドウバヤジットだ。
 あの「ノアの箱舟」が流れ着いたと言われるアララット山(5165m)の景観でも有名。イスラームの国であるトルコに
「ノアの箱舟」とは違和感を覚える方もいるかもしれない。「ノアの箱舟」といえば旧約聖書(タナク)の物語であり、
従ってユダヤ教やキリスト教の話だと。確かにその通りなのだが、「ノアの箱舟」が記されている旧約聖書「創世記」が
書かれた時代はムハンマドが生まれる遥か以前のことであり、またイスラームに於いてもノアはモーゼやキリストと共に
預言者(神の言葉を預かる者)とされているのだ。

イサク・パジャ・サライドウバヤジット遠景(2000年)                  イサク・パジャ・サライ(2000年)
b0049671_942557.jpgb0049671_9445993.jpg


アララット(アラムート)(5165m)                                ドウバヤジット俯瞰(2000年)
b0049671_947256.jpgb0049671_9474836.jpg


 現在は、アララット山頂はトルコ領に成っている。その東の麓からが、アルメニア領。アルメニアがキリスト教を国教としたのは2世紀終盤というから、世界で最も早くキリスト教を正式に受け入れた国と言って良く、彼等はノアの子孫を自称する。因みに、ローマ帝国がキリスト教国に成ったのは4世紀前半のことだ。今でこそカフカスの小国に過ぎないが、嘗ては
アナトリア(現在のトルコ共和国のアジア側領土)の半分を領土にしていたほどの国だった。
                          だが、今はその国境を越えることはできない。キリスト教国のアルメニアと
16世紀のモスクと紀元前の要塞跡  イスラームのアゼルバイジャンの間に、旧ソ連からの独立後に起こった領土問題           
b0049671_9493788.jpgにより、トルコがその国境を閉ざした為だ。
 一方、北の黒海沿いにグルジアとの国境は開いている。この為、グルジア経由での国際バスはトルコからアルメニアに運行している。不思議な話しでもある…。
 さて、ここからミニバスで30分程、アララット南の山中にはイランとの国境が
ある。こちらはオープンで、現代のシルクロードの旅人が行き来している。
 実は僕はこの町を3度訪れているのだが、初めて訪ねた1989年初頭、
ドウバヤジットは国境の要衝とは言っても極小さな田舎町に過ぎなかった。
当時の『地球の歩き方』によれば人口5,000人程度。だが次に訪れた92年、
町には新しい幾つものホテルが建設中で、何処か知らない町のように成って
いた。この時の『旅行人』に記された人口は36,000人。3度目は2000年だったのだが、この時には既に始めて来た時の面影は感じられなかった。イランとの国境貿易の中で、急速に発展しているのかもしれない。
 だが、そんな中でも変わらない風景がある。ひとつはアララット、もうひとつは
イサク・パジャ・サライだ。
 国境の町だけに郊外には大きな軍の駐屯地があるのだが、その前を通り過ぎ何も無い荒野の道を5km、最後のきつい坂を登り切った丘の上にイサク・パジャは建っている。17世紀終盤に着工され100年を費やして建設させたクルド人の王宮だ。さほど大きな建造物ではないが、往時、宮殿の中には366もの部屋があったという。変わらない風景と書いたが、外観は兎も角、実は初めに訪れた時に比し、2000年には内部は相当に修復が進んでいた。

クルド子供達                                            ロカンタ(トルコの飯屋)の親爺
b0049671_950213.jpgb0049671_9505668.jpg


 アララットとその裾野に広がる広い荒野、そしてドウバヤジットのこじんまりとした町並みとを背景に静かに佇むイサク・パジャ。ここから見る光景はトルコ、イラン、アルメニア、そしてクルドという民族の歴史の舞台だ。もちろん同時にここは現代の重要な交通路であり、今も変わらぬ難しい民族の十字路なのだ。

b0049671_9532585.jpg
                                                      メインストリート(1989年)
[PR]
by meiguanxi | 2006-11-11 09:55 | 絲綢之路Ⅲ[西亜]
<< マクーと “黒の教会” ガラ・... イスタンブールの憂鬱・アイリナの微笑 >>