愛する者へ



  ※ 2007.01.04 記

上の写真は2001年に僕が出した賀状だ。

僕はブログに日常の日記といったようなものを書かない。
時事に関することも基本的には書かない。
だが、今年のエントリーは、ここから始めることにする。
そしてこれは、“スナフキンの足跡” と “没関系” のプロフィールに成るだろう文章であり、
更に、大切な人へのこのブログに於ける証でもある。

さて、日記や時事に関してブログに書かないのと同じように、僕は基本的には賀状という物を出さない。
従って2001年は非常に珍しいことだったのだ。
写っているのは旅先で出会った各国の子供達。
世界が、世界の子供達の新しい世紀が、少しでも明るいものであるようにとの願いから構成したものだ。
だがその年の裡に、僕はもう1通のカードを出さなければならなくなってしまった。
下の写真がその時の写真。exblog に限らず、僕のブログに何回か立ち寄って下さったことのある方なら、
もしかしたら見覚えのある写真かもしれない。
そう、『アンナプルナの少女』で使った物だ。写真下の文章がそのカードに書いた内容。
読んでもらえれば判る通り、“9.11 テロ”の後、アフガンへの軍事攻撃を受けて書いたものだ。



     9月11日、私達はあってはならなかった忌むべき恐ろしい光景を目にしました。人類は未だこのようでしかない
   のかと、胸の詰まる思いでした。
    そしてその後のこのひと月半、それにも劣らない愚劣な事態の進行を目の当たりにしています。武力で何かの
   問題が解決できるという発想は悪しきロマン主義にすぎません。空爆によって今アフガニスタンでは、UNHCR や
   NGO の支援を受けられなくなった何万もの人々が飢餓と寒さ、そして戦火に命を落としつつあります。もし、我々
   “西側”の文明の到達に今日一定の優位があるのだとしたら、それは「武力によらない」という発想を我々はし得る
   のだ、ということ一点に掛っているのではないでしょうか。今、私達の文明は正に品性と知性とを問われているの
   だと思います。
    私達の政府は、中東やイスラム圏に対して欧米とは違うパイプを持っているにも拘らず、し得るべき真の貢献を
   かなぐり捨て、憲法さえをも等閑にした戦争加担をしようとしています。私はこの間、幾つかの集会とデモに、全く
   個人の資格で、個人の倫理にのみ従って参加しました。デモなんて17年振りです。勿論それで何かが直ぐにどう
   にか成る訳ではありません。私達一人ひとりの想いはなんと無力なのでしょう。けれど、マスコミの余りにも偏った
   報道の向こうで、それでも必死に訴え続けている人々が、決して少なからずいることも事実です。そして、この時に
   何らかの具体的な行動を執ることを回避する「知識人」を、私は今後インテリとは認めないでしょう。
    友人・知人の皆さん、せめて私はあなたに訴えます。今やるべきことは決して戦争に加担することではないのだと。
   もし賛同してくれるなら、あなたの友達にハガキを書いて下さい。法案は可決され、自衛隊は海外に派兵されるで
   しょう。まだまだ多くの人間の血が流されるのかもしれない。けれど私は諦めません。今進行していることに対する
   抵抗は決して諦められて良いものではないから。
    (これは個人の発想による行動であって、何らの組織・団体にも関係しません)   2001.10.21(国際反戦デー)



 勿論、こんな物が何かの役に立つ訳ではない。自己満足の極みであり、自分は反対したんだというアリバイ的跳ね上がりに過ぎない。しかし、もしアフガンを武力攻撃したのなら、例えばロシアはチェチェンへの武力行使と弾圧とを正当化するだろう、中国はチベット支配とその為の弾圧とを正当化するだろう、そう直感していた。勿論、“テロとの闘い”という大義名分のもとで。
 しかしながらアメリカはアフガンに進攻し、この国でも圧倒的多数の人々がそれを支持した。マスコミもまた、反対意見を述べることが禁止された統制下にあるのかと思うような状況だった。僕は酷い居心地の悪さを感じていた。いや、比喩としてではなく現実的な身体的嫌悪感すら覚えていた。事実、何回かのデモの後に体調を崩した僕は、劇症の帯状疱疹を患い2週間の入院を強いられることに成ったのだ。恐らくはストレスが相当に免疫力を低下させていたのだろう。
 結果、タリーバーン政権は掃討されたが、アフガン国内の情勢は未だに泥沼の様相を呈している。ロシアのチェチェン弾圧に関しては案の定、国際社会は口を噤むことになる。中国のチベット支配は加速し、その象徴としての鉄道が開通し、漢民族とその資本、文化が圧倒的な勢いで雪崩れ込んでいる。
 ところが事態はこれだけでは終わらなかった。そう、2年後のイラク戦争。サダム・フセイン政権はイスラーム原理主義とは無縁だったのだが、アルカイーダとの関係云々という無茶苦茶な理由付けさえされた。この時には欧州諸国の一部に根強かった反対論もあってか、この国のマスコミも少しはましな対応だった。だが、やはり多くの人々が戦争を支持した。結果、それから3年経った現在のイラクは、御存知の通りの悲惨な状況だ。現在、当のアメリカではあの戦争が間違いであったとの論調が主流に成った。一方この国では、当時の総括をしようという動きは、皆無と言っても良い。あの時この国の賛成は強力にアメリカの後を押したのだが。市民の賛成がその後ろ盾だったのだが。
 ところで、中東でイスラーム原理主義が台頭する背景の一つには、経済のグローバリズムがある。グローバリズムという名の経済支配、或いは経済搾取によって、国内・域内の経済格差が拡大し一向に希望の見えない貧困層がますます困窮する。そういう時にナショナリズムは求心力を持つ。イスラーム原理主義もまた、ナショナリズムのひとつの形だと言って良いだろう。
 この国もまた90年代初頭からのグローバリズムの嵐の中で経済格差が拡大した。そして今、特に若い層でナショナリズムが急速に振興しているように見える。中東と違うのはそれがアンチ・グローバリズムという形は取らず、むしろそれを積極的に受け入れる政権が先導しているという点だ。ナショナリズムを成立させる為には、一般的に言って2つの敵を仮想することが必要になる。外敵と内なる異端。近隣諸国が外敵になり、反対者は異端(非国民)になる。
 思うのだが、バブル経済崩壊後(素地はその時代に築かれたのかもしれないが)、この国は酷く下品に成ったように見える。己の利益のみに頓着し、他者への気遣いとか社会の未来とか、或いは恥というものを忘れた。昨今のM&I云々を巡る動きや言動はその端的な表れだ。ここでもグローバリズムが印籠に使われる。近頃、国益という言葉を良く政治家から聞く。確かに政治はそれを念頭に置くべきなのだろうが、アメリカで現在の政権が誕生し、その補佐官がその言葉を使うまで、少なくともこの国の政治家が国益という言葉を使うことは殆ど無かったのではないだろうか。今ではそれは誰も反論できない印籠の如くに成っているが、けだし国益のみに頓着するということは、利己的であるということと同義だ。
 同じように“普通の国”という言葉も良く耳にする。普通の国とは何だろう。実質的に一党独裁体制で労働者の人権も無視した剥き出しの資本主義を社会主義の名の下に突き進み、他民族の土地と人民を長きに渡って支配占領し続ける国が普通の国だろうか。伝統的宗教と結び付き、大統領の権力を独裁に近いまでに高め、エネルギー資源を糧に大国主義復活を目論む国が普通だろうか。或いはその圧倒的経済力と軍事力をもって他国に軍事侵攻して、一国の元首を逮捕し、自国の法律で裁いてしまうような国が普通なのだろか。世界に、おかしな国は数あれど、普通の国などというものは、無い。
 僕は“みんな一緒”という言い方が好きではない。一見それは理念として美しい言葉であるように見える。しかしそこには、一緒ではない者、異質な者に対する偏見と差別、その結果としての排除や抑圧、等々といったものへの抵抗の契機が欠如しているように思われるからだ。我々は“同じ”ではなく、“違っていて良いのだ”ということから始めるべきなのだ。もちろんそれは、みんな好き勝手で良いということを意味しない。“違っていて良い”為には、自己とは異なる他者を尊重することを必須とするからだ。グローバル化、僕はある意味でのそれは必要だと考えている。だがそれは、貧富格差の解消や人権意識の啓蒙、或いは地球環境という観点からの必要性なのであって、今のそれとは理念を異にするものだ。そしてそれは長い時間を経て徐々に達成される、或いは達成され続けるものであって、決して一国の力によってその理念を押し付けるような類の問題ではない。また、それでは解決しない種類の問題だ。それまでの間、むしろローカリズムは最大限に尊重されるべきなのだ。そのローカルなもの同士の絶え間無い衝突と軋轢(争いではなく)の中から、やがてグローバルなものが生まれていき、定着するという方法でしか、おそらく進歩は無い。そしてそれは、国家やナショナルなるものの止揚といったものとも繋がる、遠い道だろう。
 この国は今、明らかに憲法違反である防衛庁を省に格上げし、いずれ憲法9条を変えようとしている。しかし、憲法を変え軍備を強化し“愛国”教育を徹底すれば核ミサイルから国を防衛できるのか。国民の命と財産を守ることができるのか。コスタリカという国がある。憲法で軍隊を完全に放棄した国だ。アメリカ経済に依存し、近隣にはそのアメリカと敵対するキューバがある。直ぐ近くのエルサルバドルでは長い内戦の中で人口の5%が殺害された。そんな中で、アメリカからの再軍備の圧力を撥ね付け、彼等は永世中立を宣言した。勿論、その決断には高い倫理性とともに大きな覚悟を必要とするだろう。もし隣国が武力攻撃してきた時には、国家として少なくとも早急な武力防衛はしないということなのだから。彼等にとって幸いだったことは、我々の国に比べて隣国にそれ程の恨みを買っていなかったことだとも言えるかもしれない。逆に彼等にとっての障害は、この国以上にアメリカ経済に依存していたことだ。しかし、彼等はそれを決断した。
 「しかし現実的には」という反論が聞こえる。
 実際に攻められる可能性を考えたなら無責任ではないか、という声が聞こえる。愛する人を守らないのか、と。目の前で愛する人に危害を加えようとしている人間に対峙した場合と、これは違う問題なのだ。よろしい。それでも攻めるのなら攻めれば良い。覚悟をした以上、それは仕方の無いことでもある。戦争ではお前の愛する人が卑しめられるかもしれないんだぞ、という声が聞こえる。愛する人よ、例えその身が辱めを受ける時にも、高潔な心を失わずにいてほしい。あなたが、汚される訳ではないのだから。私はあなたの手を取り、何がなんでも逃げ通すだろう。逃げられなくなったなら、銃剣の前であなたを抱きしめよう。もし、一緒にいられなかった場合にも、その瞬間まで、私の心はあなたと供にいるだろう。彼等の決意とはそういうことを含むのだろう。誇り高く、美しい国民ではないか。
 1980年頃から、マスコミが“現実的”という言葉を頻繁に使うようになった。それに押されるような形で、左派政党や労働組合の中でもいわゆる“現実路線”が取られるようになる。結果、どうなったか。政党は風前の灯になり、労組は求心力と闘争力を失った。日教組に対するマスコミの攻撃は甚だしいものがあったが、それが弱体化する過程と義務教育の現場が崩壊する過程は見事に一致していたように見える。僕はいわゆる左派政党に組みするものではない(理念と方法論とを異にするから)し、労組運動も必ずしも好きではない(目的論が違うから)。しかし、それらは必要なのだ。批判の対象としてより高次の思考をする為だけにでも、必要なのだ。それらが力を無くした時、この国の多くの人々は理念的思考をほぼ停止したように見える。教育現場の荒廃は戦後民主主義の所為であるかのような論調が保守派からなされる。しかしそれを荒廃させたものは理念的思考の欠如なのだ。
 アフガニスタン復興に当たって、部族の武装解除に日本の組織が大きな貢献をしているという。それは、憲法9条を持った国にしか出来なかったことだと、現地の人も語っている。勿論、日本には自衛隊があり、アメリカの基地があるのだから、幸いな誤解というべき部分はあるのだが。我々は、在りもしない“普通の国”などという怪しげな印籠に翻弄されること無く、むしろこの9条を持って世界に発言し貢献していくことが、遥かに現実的であり、“美しい国”という誇りを持てることなのではないだろうか。
 第二次大戦に於ける国民は騙されたのだという言い方がある。そうでもあるだろう。しかし、何か事があった後で、その言葉はそれだけでは不充分だ。そこには反省が無いから。騙されたのでもあるかもしれないが、結果、その声が、手が、被害者を作り、挙句には自らをも苦しめたのだ。為政者の責任を追及する一方で、自らの責任をも問わなければ、それは反省とはならないだろう。しかし、為政者の責任さえをも曖昧にしてしまったこの国の人々が、自らの責任を問題にすることは、極めて狭い範囲の人々の間でしか行われなることがなかった。挙句には過去の過ちを検証する姿勢を“自虐史観”だなどという訳の分からない論調まである。何時の日か、またぞろ騙されたという言い訳をすることのないよう、しっかりと見極めて行きたいものだ。

 愛する人よ、大切な人よ、僕の心はあなたとともにある。
[PR]
by meiguanxi | 2007-01-04 10:29 | 愛する者へ or Profile
<< カラ・カルパクスタン : (ウ... バンコック : 楽宮旅社の夜は更けて >>