イマーム広場 #1 : (イラン・エスファハン)マスジッデ・イマーム
[ 西アジア略地図 ]

b0049671_23492583.jpgb0049671_23485211.jpg
                          マスジッデ・イマームのファザード

 往時、“世界の半分”とまで言わしめたエスファハン、その中心がイマーム広場だ。
 北を上に見てやや西に傾いた長方形の広場は、縦510m、横163mという広大なもので、2つのモスクと宮殿、そして絨毯屋やミニチュアールの店、チャイハネや多くの土産物屋がが並ぶアーケードが噴水と芝生の広場を取り囲んでいる。

b0049671_23513555.jpgb0049671_23524246.jpg
                 イマーム広場の夜景マスジッデ・イマームアリ・カプ宮殿

 この南側の一辺で異彩を放っているのがイラン・イスラーム建築の最高傑作、マスジッデ・イマーム(イマームのモスク)だ。2本のミナレットに挟まれた高いファザードはイラン形式のモスクに特徴的なものだが、青い色タイルと精緻な鍾乳石飾りで飾られたこのモスクのファザードは圧倒的な異彩を放っている。広場に面したファザードに足を踏み入れると、出口は右方向に45度傾いている。続く中庭も建造物も、全て広場に対して傾いているのだ。実に奇妙に思える構造だが、実は礼拝堂奥のミフラーブが正確にメッカの方角を向くための工夫だ。

マスジッデ・イマーム
中央礼拝所                         ファザード                     裏路地からのドーム
b0049671_23533641.jpgb0049671_2354957.jpg
b0049671_235437100.jpg

 金曜日(イスラームの安息日)には何十台もの大型バスが沢山の巡礼団を運んでくる。厳重な警備の中、集団礼拝の場と化し多くの人々で埋め尽くされたイマーム広場の光景はまさに壮観だ。
後編に続く)

金曜礼拝のイマーム広場b0049671_23553940.jpgb0049671_6355752.jpg


[PR]
by meiguanxi | 2007-02-14 23:58 | 絲綢之路Ⅲ[西亜] | Comments(0)
<< イマーム広場 #2 : (イラ... エスファハン : (イラン)“... >>