イムジャ・ツェ(アイランド・ピーク)B.C.とイムジャ氷河湖 (ネパール)
[ エヴェレスト方面略地図 ] [ 日程表 ]
b0049671_18242065.jpg
                                 ディンボチェ先からのイムジャ・ツェ (右にはチョー・ポル)


 旅をしていて生命の危険を感じた経験は何回かあるが、このまま目覚めないのではないかという危惧を抱きながら眠りに付いたのは後にも先にもこの時だけだ。
 エヴェレストという山は上空から見ると綺麗な三角錐をしている。といっても勿論 8848mまで一気にそそり立っているわけではなく、概ね4500mから5000m程度の谷が入り組み取り囲んでいる。更には単独峰ではないので、それらの稜線は他のピークと連なって大きな山塊を成している。北壁中腹から伸びる稜線はチベット側でチャンツェ (北岳 :7553m) を形成し、北西稜はクーンブツェ (6640m)、リントゥレン (6697m)と比較的低い、しかし鋭い峰を通ってプモリ (7161m) に到る。このプモリ南稜の先にあるのが、エヴェレストの展望で有名なカラ・パタール (5545m) だ。
 しかし何と言ってもエヴェレスト南稜の先に東西に伸びる稜線が圧巻の壁面を成している。南稜とこの東西に伸びる稜線が出会う所がローツェ (南岳 :8516m)、この西の端がヌプツェ (7855m、)、東はローツェ・シャル (8400m :悲単独峰)、ピーク38 (7589m :非独立峰) を経てシャルツェ (東岳 :7459m) に到る。エヴェレスト山頂からローツェまで直線距離で 3km、ヌプツェからシャルツェまで 9kmほどだろうか。
 カラ・パタールやエヴェレストB.C. (ベースキャンプ :5357m) に到るクーンブ氷河は、ヌプツェ西稜が南に下って形成するメラ (5820m) やポカルデ (6806m) といったピークを繋ぐ稜線の西側を下っている。この稜線はポカルデの南で切れていて、東から流れてきた沢がクーンブ氷河方面からの沢と合流する。これがイムジャ・コーラ。合流前のイムジャ・コーラはヌプツェからシャルツェに到る巨大な壁面に沿って流れている。谷の南側はクーンブ山群の名峰アマ・ダブラム (6812m) の作る稜線に阻まれている。イムジャ・コーラを東に遡れば源流の氷河だが、この谷はシャルツェから南に伸びたチョー・ポル (6711m) を経てバルンツェ (7129m) に到る稜線で塞がれている。バルンツェはアマ・ダブラムから東に伸びる稜線上だ。つまりイムジャ・コーラはエヴェレストの南に横たわる巨大なローツェ壁とその南のアマ・ダブラムの稜線に挟まれ、東でそれらを繋ぐ稜線で塞がれた袋小路の、広い谷なのだ。


ディンボチェ脇の稜線からイムジャ方面を臨む                   ディンボチェからのタウツェとチョラツェ
b0049671_18251262.jpgb0049671_18254681.jpg



 さて、カラ・パタールやエヴェレストB.C.へ向かうトレイルと分かれ、イムジャ・コーラを遡る。直ぐに出会うのが最後の纏まった集落であるディンボチェ。飛行場のあるルクラ (2804m) からなら、ナムチェ・バザール (3440m) での1日の高度順応日を含めて5日、実動で4日。僕の場合にはカトマンドゥからバスで9時間、車道の通る最後の村であるジリ (1905m) から歩き始めたので、ルクラまでで既に 6日掛かっていた。従って歩き始めて11日目、実働10日目だ。ナムチェから 2日しか歩いていないが、標高4350mのこの村で、高度順応の為に更に1日停滞する。


b0049671_18264182.jpg
                                                       チュクンからのローツェ


 ここから先は河原や草原のようなトレイルを緩やかに登ることになる。3時間ほどで標高4743mのチュクン。数軒の石積みの小屋があるだけのカルカだ。ここがイムジャ・ツェB.C. (アイランド・ピークB.C. ; パレシャヤ・ギャブ :5230m) への基点となる。小屋の裏にはローツェの巨大な南壁が覆い被さるように迫っている。来た路を振り返ればその傾いた姿が特異なチョラツェ (6440m) とタウツェ (6510m) の威容。もちろん谷の正面に見える三角錐は行く手のイムジャ・ツェ (6160m) だ。イムジャツェB.C.へはここから片道3時間の行程になる。B.C.には石積みの小屋が1軒建っているが、これは登山隊の為のシェルパ小屋で、テントなど充分な装備と食料・燃料携帯でなければ泊まることは不可能だ。このため、このB.C.へのトレッキングはチュクンから 6時間の往復コースとなる。


チュクン手前からのアマ・ダブラム (同右)
b0049671_18275556.jpgb0049671_18283994.jpg



    チュクン先からのアマ・ダブラム (左端にカン・レヤム)
b0049671_18293318.jpg


                カン・レヤムとヒマラヤ襞 (左右連続:右がカン・レヤム)
b0049671_18304494.jpgb0049671_18312835.jpg



 アマ・ダブラムから東に伸びる稜線はこの谷の行き止まりでバルンツェに繋がっているが、この稜線のヒマラヤ襞は絶景の美しさだ。実はこの稜線の途中の 6430m のピークにはカン・レヤムという名前が付いているのだが、トレッキング専門書にも無名峰とされている場合が多い。途中、幾本も連なったサイド・モレーン (氷河側堆積稜) の間の狭い枯れ沢を縫う場所があり、視界が妨げられる。そこを抜けローツェ氷河末端に出ると砂地の広いアブレーション・バレー (氷河脇谷) に成っていて、いきなりローツェ南壁が視界前面を塞ぐ。あまりの大きさに28mmのレンズでも全く全貌を写すことができないその光景は、まるで違う惑星に迷い込んだようだ。


                チュクン~パレシャヤ・ギャブ間からのヌプツェ(左)からローツェ
b0049671_18384695.jpgb0049671_18393778.jpg



 このコースのトレイル自体は緩やかなのだが、5000mを挟むこの 6時間の行程はきつい。午後になる帰路には強い迎い風 (下流からの吹き上げ) が吹き、歩行を妨げるだろう。実はこの強い風が僕の判断力を狂わせた。チュクンまでは順調に高度を上げてきたのだが、この日は往路から既に疲労を感じていた。頭痛等の症状がさほど無かったことも油断に繋がったのかもしれない。帰路の風に逆らって力を使い過ぎたのだ。疲労が酷く、一刻も早くロッジに戻って休みたかった。だが、ロッジに着くなり横に成って仮眠したのが更に良くない。睡眠は高所障害には悪影響を与える。睡眠は呼吸数と脈拍とを減らす。酸素の摂取量と供給量が減ってしまうのだ。夕暮れ時、目を覚ました時には既に駄目だった。この村で前夜1泊したのだから、この標高にはある程度は順応している筈ではある。しかし安全を考えるならば下りるべきだとは分かる。だが、パッキングをする気力が出ない。下りることをポーターに伝える気力が出ない。激しい頭痛、全身のだるさ、倦怠感。食事を取ることもできず、眠りに付く。歪んだ木枠の窓からは、アマ・ダブラムが月光に浮かんでいる。なんて美しい窓景なんだ、と思う。だが、このまま目覚めることがないという可能性もあるのだろうか、そんな思いがよぎった夜だった。


b0049671_18404917.jpg
                                                             イムジャ・ツェ


 ところで、イムジャ・ツェはローツェ・シャルから南に伸びる稜線の端に聳えるピークで、標高6000m以下の山歩きと定められているトレッキング・パーミットでは登れない。ローツェからの氷河がチョー・ポルからの氷河を飲み込み、更にバルンツェからの氷河と合流してB.C.の前を流れる。イムジャ・コーラどん詰まりのこの場所は圧倒的な氷河と切り立った峰の世界で、肝心のチョー・ポルやバルンツェにカメラを向けるのさえ忘れてしまったほどだ。近過ぎるのだ。


チョー・ポル (左)                                        バルンツェの稜線とイムジャ氷河
b0049671_18414279.jpgb0049671_18423029.jpg



 歩いて来たイムジャ氷河のアブレーション・バレーと並行するモレーンに登ってみると、そこは細長い氷河湖になっている。数十年前、氷河はそこまで続いていたのだが、その舌端が溶解してできた湖だ。僕が訪れた時には氷結していたが、それも表層だけで深さは200mもあるという。しかしこの景観は美しいとばかりは言っていられない風景なのだ。写真は1999年3月初旬、今では当時との比較で何割という規模で拡張しているという。もちろん温暖化が原因だが、取り急ぎ危惧されているのがモレーンの決壊だ。モレーンとは氷河が運んだ岩や土でできた氷河の堤だ。この氷河の場合、モレーンによって谷より随分高い位置にこの氷河湖ができている。つまりこれが瓦解した場合、膨大な水が一気に谷を覆いつくして流れ出すことになる。ディンポチェやその下のペリチェ、更にその下流の村々までをもあっという間に呑み尽くすことだろう。
 温暖化それ自体もだが、モレーンから水路を開けて徐々に水を流すなど、取り合えず早急な対策が求められている。この国にできる貢献は沢山ある筈なのだ。


b0049671_18434749.jpg
                  イムジャ氷河湖 (右の谷が歩いて来たトレイル。正面の山はタウツェとチョラツェ)
[PR]
by meiguanxi | 2007-09-18 19:12 | ヒマラヤ・チベット | Comments(10)
Commented by はぶ at 2007-09-18 22:38 x
やめてくれ〜ぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!

あ〜旅に出てぇえ。
Commented by meiguanxi at 2007-09-19 01:11
やめてけれって言われてもねぇ^^A; ココ、旅に特化した「ビジュアル系」ブログなんでwwwww
えーと、お互い、出来るなら近い裡に行きたい場所に、したい旅をしておくべきかなって思います。機会を逃さないようにね。あ、でも、こういうのを病気っていうのかな(笑)←嫌いな表現でごめんねー!
Commented by はぶ at 2007-09-19 19:34 x
すいません。
つい取り乱してしまいました…。
Commented by meiguanxi at 2007-09-20 23:03
思うのですが、兎にも角にも、それを職業の一環と言い訳もできるようし得てしまったともいえる すみれ さんって、やっぱり凄いですよね・・(グチっぽく成ってきたw)
Commented by ヤマネ at 2007-09-21 21:02 x
呼びましたか?
昨夜お寄りしたのですが、あまりにもタイミングがよすぎたので、一日時間を置いて「奥ゆかしさ」を演出してみました(笑)
それはともかくとして、無名峰のヒマラヤ襞がきれいですね!
私はチュクン方面へは行ったことがないのです・・・。いつかアイランド・ピークにでも、と思っていましたが、ちょっともう無理そうですね。
まじめな話、行ける時に行っておかないと、ですね。

そうそう、ギプスが取れておめでとうございます!
Commented by meiguanxi at 2007-09-24 14:28
ヤマネさん、ちょっとバタバタしてて非常に奥ゆかしさを通り越して失礼になってしまいましたー。
アイランド・ピークからはマカルーが見えるんですよね。マカルーは遠く遠く小さく霞む姿をゴーキョ・ピークから見たのと、ペリチェを見下ろすディンポチェ裏の丘陵からちょこっと見られただけなので、けっこう憧憬れの山になっちゃってるんですが、アイランド・ピークは僕には無理です^^
Commented by ヤマネ at 2007-09-26 18:27 x
いえいえ、どういたしまして!
アイランド・ピークには、70歳近いようなおじさまたちが、嬉々として登っているらしいですよ(聞いた話ですが)。だからきっと、私はともかく没関系さんには登れると思うのですが。ただし、登りたいかと問われれば、?かもしれませんね。張りっぱなしのザイルの下で、行列を作って順番待ちをしなくちゃいけないみたいです。そんなのやだ・・・(笑)
Commented by meiguanxi at 2007-09-26 22:55
あ、メラとかもそうですが、ホント軽やかに登っちゃう人達も沢山いるんですねぇ~。 僕がマカルーを本気で見たくなった時には、ダーラン・バザールから歩きますってw ただ、基本的にはバスと列車で宿を渡り歩くってもが僕の旅なので、きっとマカルーは K2 やカンリンポチェと同じように、憧憬れのままなのだろうなって思います。あ、ただ、その、ドルポとかムスタンとか、宿や交通手段が無くともって場所もありますけど。てかその前に・・・この足、本当に自然な状態に戻るのかぁ?って疑心暗鬼になってたり^^A;
「張りっぱなしのザイルの下で、行列を作って順番待ち」・・ヤマネさんwwwww 絶対絶えられないでしょ(爆笑)
Commented by ヤマネ at 2007-09-28 22:21 x
うん。
絶対耐えられません。
そんな状況に出くわしたら、くるっと向き変えて帰ると思います(笑)
で、後から「そこまで行くのに何日かけたんだよ!」と、激しく後悔する・・・
自分の性格を、最近ようやく把握しつつあります(!)
Commented by meiguanxi at 2007-09-29 00:25
・・・
ロバさんへ
ご御心労お察し致します^^A;;
<< テングリ (チベット) : ヒ... ニダプク・ゴンパ (ラダック)... >>