マルディン(トルコ): メソポタミア平原を見渡す丘
[ 西アジア略地図 ]
b0049671_13233418.jpg
                                                 岩山にへばりつくマルディンの町

 ディヤルバクルの記事が非常に重くなってしまったので、今回はあまり口を開かずのんびりと風景を眺めながら旅情に浸っていようと思う。

b0049671_13242294.jpg マルディンはデヤルバクルから96km、ドルムシュ(ミニバス)で1時間半ほど南、綺麗な円錐形をした石灰岩の岩山にへばり付いた小さな町だ。南に2・30kmでシリアとの国境、その国境線を東に進めば200kmもせずにイラクとの国境。

 僕がこの町を訪れた当時、まだガイドブックの情報は非常に簡単なものしかなく、もちろんインターネットも存在しなかった。現在ネット上で見ると、周辺も含めて知らずに通り過ぎてしまったらしい見所が沢山あったことが分る。今では丘の麓に新市街ができているらしいのだが、僕の知るマルディンは丘の中腹を走るたった1本の狭いメインストリートとその周辺に過ぎない。

 周辺の名所も知らずに過ごした数日の滞在。僕は何をして過ごしていたのだったか、今では良く思い出せない。散歩をし、出会った子供達と遊び、夜になると停電したロカンタ(飯屋)で食事をし、商店で買った缶ビールを安宿の部屋でこっそり飲んでいたのかもしれない。おそらくそんなところだ。
 この町の歴史は興味深いものなのだが、当時の僕には知識も情報もなかった。ただ、砂に霞む果てしないメソポタミアの平原に沈む夕陽を眺めながら、情緒的な想像に浸っていたのだろう。

b0049671_1325646.jpg

[PR]
by meiguanxi | 2007-11-04 13:26 | 絲綢之路Ⅲ[西亜]
<< 駅 ディヤルバクル(トルコ): ク... >>