[ 西アジア略地図 ]
b0049671_2243672.jpg


ここは駅だ。
夜、21時半くらいだろうか。待合室で国際列車を待っている。ここはその始発駅だ。
それにしては閑散としている。正面のベンチに写っている以外にも、
この部屋の中には何人かの人達が壁に備え付けられたベンチに座っている。
でも彼らは列車を待っている訳ではない。ただの酔っ払いであり、或いはジャンキー…
そもそも国際列車の出発駅の待合室にしては、シートが少な過ぎる。
まあ、文句を言ってもどうにか成るものではないのだが。
だいたい、この時間の乗降客自体が多くはない。
これから国際列車が発車するんだぞ、というような緊張感は駅の何処を探しても見当たらない。
必要以上に高い天井に吊るされた古めかしいシャンデリアはほの暗く、
まるで前衛演劇の舞台セットのように空気が止まっている。
この待合室の片隅にいた老女が自分のベンチを離れて突然、芝居じみた大きな声で何かを叫ぶ。
その声が、高い天井にわざとらしい程に反響する。
勿論、僕にはその言葉の意味は分からない。
けれどこの国の人達である他の人々にも、その意味がどのくらい伝わっていたのか。
彼女は時々、それを繰り返す。明らかに精神に問題を抱えているのだろう…。
その声を、港からの汽笛が打ち消す。

イスタンブール、シルケジ駅。ヨーロッパ側の終着駅だ。
ここを22時に発車した列車には2等車両しか繋がれていない。
乗客は疎らで、乗った車両には他に誰もいない。寒さに凍える車内。
いつの日か、今度はアジアから渡って戻ってくるよ…
1989年1月末、動き出した列車の窓外に過ぎるアヤ・ソフィアを見上げながらそう呟いた。
そして事実、僕はその後2回の旅で3回もこの街を訪れることになったのだ。
[PR]
by meiguanxi | 2007-11-06 22:57 | 絲綢之路Ⅲ[西亜] | Comments(6)
Commented by lunablanca at 2007-11-08 14:37 x
なるほど.....美中年だ....。(小声)

待合室のシートが少ないのはシルケジだけぢゃない気がします。
シートがひとつ空くと、数人が群がるって光景いろんな駅で見た。
いあ~、それにしてもこの駅、行ったことはないのに、どこかで
見たようなデジャブな感じです。
Commented by meiguanxi at 2007-11-09 00:01
いや…あのぉ…
この時はまだ辛うじて20代だった訳でぇ…
ちゅ、ちゅうね、ん…ではなかったのだよ…_| ̄|○
えと、デジャブじゃないです^^
るなっちは確かにこの写真を嘗て見たことがあるんだと思います。お互い寄ると(発言強制停止w
Commented by lunablanca at 2007-11-09 13:29 x
いやいやいやいや.....それは知ってる!
前に見たことあるくらいわかっとんねん。
そこまでアルツってはない....まだ....たぶん.....。(自信無し)
前に見た時も、この駅は見覚えがあると思ってた。
なんとなく、匂いまで思い出せそうだもん。
Commented by meiguanxi at 2007-11-11 09:08
るなっちの関西弁を聞くと、今年の無念さが蘇って来るぞw
いったいどの町の何と記憶がダブルんだろうね。東欧あたりかなぁ…この時にはね、とっても芝居じみた非現実的な、実際に自分がそこに立っているのに何か遠い世界のようでもあったし、逆に寒くてさびしいのに非常に近しくて暖かなものを感じていたいたようでもあるんだ。2000年に行ってみたんだけど、どうも上手くこの場所が分からなかった。少し変わったのかもしれない。
Commented by aoikesi at 2007-11-11 16:10
はじめまして。
コメントありがとうございました。
いろんなところ(マイナーな?)旅してらっしゃるんですね。
ツアーではないようで、個性的なたびですね。
Commented by meiguanxi at 2007-11-11 17:52
辺鄙な処までお出で頂いてありがとう。
いえ、僕のは散歩みたいなものですから。 aoikesi さんのような、これを求めてるぞ、みたいな旅も素敵だなと思います。心が荒んだ時にはまた美しいブルー・ポピーを見に行かせてもらいますね。
<< 嘉峪関 (Jiayuguan ... マルディン(トルコ): メソポ... >>