ギャンツェ (チベット) : インド貿易の要衝として
[ チベット周辺略地図 ]
b0049671_1355180.jpg
                                        メインストリートとパルコン・チューデ(同下1枚)


 1993年4月下旬、ラサのヤク・ホテルに泊まっていた僕は、同宿だった日本人2人、欧州人3人とともに四輪駆動車をチャーターしてネパールとの国境を目指した。途中の町やチョモルンマ・ベースキャンプなどを経て7泊目が国境というスケジュールで、車代は1人100ドル程度だったと記憶している。なにしろ1泊10元(150円程)のドミトリーに泊まっているような旅行者だから、その金額は決して安くはない。だが当時、バスで点々と町々を巡るには相当の苦労が必死だったし、なんと言ってもチョモルンマ・ベースキャンプに寄れるというのが魅力だった。
                                    運転手、助手席に2人、後部席に4人、計7人の男を詰め込ん
                                   だランドクルーザーはラサの街を朝の9時20分に出発し、標高
b0049671_1364145.jpg4750mのカンパ・ラ、同じく5045mのカロ・ラ、4210mのシミ・ラという3つの峠を超えて午後4時40分、ギャンツェの集落に入る。この間の休憩はカンパ・ラからヤムドゥク・ツォ(湖)を眺めたのと湖畔の農村で村人達と暫く戯れただけで、食事もとっていない。
 ギャンツェの標高は4000m弱、中央チベットで3番目に大きな町だ。とはいってもメインストリートとその裏にもう1本の道があるだけの至って小さな町だ。未舗装の通りには2階建てのチベット独特の家屋が並ぶが、人通りも無く閑散としている。むしろ寂しいと言った方が正確だ。


ギャンツェ・ゾン                                           パルコン・チョエデからの町並
b0049671_1373659.jpgb0049671_138460.jpg



 このエントリーをUPするに当たって、幾つかのサイトを開いて現在のギャンツェの様子を調べてみた。やれやれ、中国資本と漢民族との流入による経済発展のために、年々歳々町並みは近代化しているようだ。いや、もちろん中国がチベット開発を本格化させたことと連動してはいるのだが、おそらくこの町の場合には他の要因がある。実はこの町はラサから第二の町シガツェを通ってネパールの国境に向かう現在のメインルートから少し外れている。しかしこの町からチュンビ渓谷を南へ200km余りで現インド領シッキム州との国境になる。かの河口慧海がチベットを脱出した際のルートでもある。2006年、このナトッ・ラ(峠)の国境が中印国境紛争以来44年振りに貿易ルートとして開いたのだ。おそらくギャンツェの急激な発展はこれと関係するのだろう。もともとインドとの貿易の要衝として栄えていた町が寂れたのも、今また繁栄しようとしているのも、共に中国の思惑と中印関係によっているということだ。だが一方で、この国境貿易再開は、この付近の中印国境問題の「解決」を意味する。中国がインドによるシッキム領有を、インドが中国による現「チベット自治区」地域領有をそれぞれ認めたということだ。この町の発展は、中国によるチベットに対する占領と支配という問題が、また一歩世界から取り残されていくことの表れだとも言えるのかもしれない。
 岩山にへばり付くように建てられたパルコン・チューデ(またはパルコン・チョエデ:白居寺)からまっすぐ南に700mほどのメインストリートが伸びる。高い岩山の頂上にギャンツェ・ゾンという城塞が見えると、通りはこの岩山を回りこむように左に折れる。その先に新市街の中心であるローターリーがあり、沢山の車や人で賑わっている。だが僕が訪れたのは新市街など殆ど存在しなかった時代のギャンツェだ。


パルコン・チョエデの門                                                 門内側の路地
b0049671_1384951.jpgb0049671_1391979.jpg



 郊外の畑の真ん中に江孜飯店(江孜はギャンツェの中国名)というホテルがある。部屋を見させて貰うと立派な家具が備えられた2間の部屋で、6人が泊まるには十分だったがシャワーは無い。拙い中国語で交渉すると1人20元に負けてくれると言う。だが欧州人バックパッカーは柔じゃない。高いということで他を当たることになる。このホテルが建っているのは今の町の中心だ。きっともっと立派なホテルに成って、ツアー客たちを相手にしていることだろう。
 結局ドライバー氏が見付けたのは、メインストリートの中にあったトラックストップ。中庭がトラックの駐車場になっていて、その周りを2階建ての宿坊が取り囲む。運転手たち相手の安宿だ。勿論、シャワーなどは無い。いや、当時のチベットにはそもそもそんなものは無いのが常識だった。
 夜になれば通りは真っ暗で、飯屋さえ開いていない。その代わり沢山の野良犬がうろついている。チベットには野良犬が多い。昼間はみんな眠そうにゴロゴロしているので良いのだが、夜になると吠えながら集団で走り回るのだ。なんて荒っぽい町に来てしまったんだ、というのが正直な印象だった。
 夜に振り出した雪は翌朝まで続いた。凍えながらパルコン・チューデを拝観した後、雑貨屋で食料を調達して昼過ぎに町を出発する。缶詰とか軍払下げの高カロリー・ビスケットとか、そんな物だ。今から思えば、たった1泊しかできなことが勿体無く思われる。晴れを待ってゆっくり町を散策できたならと残念でならない。


b0049671_1395878.jpg
                                                 メインストリートとギャンツェ・ゾン
[PR]
by meiguanxi | 2007-12-29 13:21 | ヒマラヤ・チベット
<< 2008年迎春(グルジア・トビ... ヌウェバ(エジプト):こんな日もある >>