バックハー(ヴェトナム): 花モン族の定期市
[ 北部ラオ周辺略地図 ]
b0049671_20384277.jpg
                                                              市場の飯屋

 ヴェトナムの首都ハノイからソン・ホン(ホン川)を北西に遡ると中国雲南省河口(hekou)との国境の町であるラオカイに到る。ここから山道を西に37km、バスで1時間半入ると赤ザオ族や黒モン族が集まる定期市で有名なサパの村がある。いや、今では既に町になったかもしれない。
 実はこの周辺はサパに限らず山岳少数民族の「宝庫」だ。今ではラオカイから国境沿いを東に巡る日本からのツアーも出ているようだ。日本で2007年に公開されたヴェトナム映画 『モン族の少女 パオの物語』 の舞台にもなった地域だ。だが僕がこの辺りを訪れた1998年頃には、ハノイからラオカイに到るホン川の西側、フランスとの戦闘で有名になったディエンビェンフーを経由するラインについて書かれたガイドブックはあったのだが(旅行人 『メコンの国』 初版)、ホン川東側の情報は全く無かった。従って僕はその地域へは行っていない。
 しかしたまたま宿泊した宿でサパとは別の町の定期市へのツアーを取り扱っていた。サパのサタデー・マーケットを訪れていた旅行者を集めて、日曜日に市が開かれる場所に連れて行くというものだ。サパからラオカイを挟んでホン川の反対側にあるバックハー。今では有名になったバックハーのサンデー・マーケットだが、当時はサパで聞くまで誰もそれを知らなかった。

野菜売りの老婆                                                生きた子豚を梱包する
b0049671_20411956.jpgb0049671_2041448.jpg


 バックハーに集まって来る民族は花モン族と呼ばれる人々。モン族は中国では苗族(ミャオ族)、タイではメオ族と呼ばれる民族で、貴州省、湖南省、雲南省、四川省、広西壮族自治区、タイ、ミャンマー、ラオス、ベトナムとかなり広い地域に渡って居住している。インドシナ周辺の少数民族の衣装は同じ民族を名乗っていても部族によって地域によって大きく違うのだが、花モン族はモン族の中でもひときは華やかだ。


華やかな衣装の老婆                                 サトウキビを品定めする古い衣装の老婆
b0049671_20444054.jpgb0049671_2045323.jpg


 ところでここからはバックハーとは直接の関係が無い話。
 民族衣装というものは伝統的生活上の利便が考慮されている部分もある筈だが、実際にはかなり不便なものでもある。これは私見だが、特に女性の民族衣装は他民族・他部族から女性を区別する、或いは男性が女性を縛るという意味合いもあるのかもしれない。勿論、それを着ることで民族的アイデンティティが保管されるという側面もあるだろうから、縛ると言ってもそれは必ずしも強制というものではなく、あくまでそのように作用するシステムとでもいうようなものだとは思うのだが。
                                                衣装だけではなく身体的装飾も同じような
                                              意味合い、役割りなのだろう。例えば日本に
市場から引き上げる人々                              もあった御歯黒などは単に他の男に対しての
b0049671_20485633.jpg宣言という意味合いが強そうだが、インドシナ周辺のようなモザイク状態に少数民族が混在する地域では他民族・他部族から女性を防衛するという側面もあったのではないだろうか。既婚あるいは成人女性の剃眉、剃髪、或いは刺青などという風習もこれに当たるだろう。ビルマからタイのメーホーソン郊外に亡命しているいわゆる首長族(カヤン族)の長く誇張された首などはその最たる例であると思うのだが、どうだろうか。
 さて以上はあくまで私見であるのでそのまま真に受けないでほしい。だが民族衣装に関して、実は実生活上はかなり不便でもあるというのは事実だ。これらは主に手縫いで本人が、或いは母親や家族が作る。精緻な刺繍も同じだ。つまり作るのに大変な時間と労力とを要する。もちろんコストも結構な多寡につく筈だ。しかも洗濯するのにも非常に労力が必要なので、時には不衛生に成ることも少なくない。彼らの多くは農作業に従事していると思われるが、民族衣装というものは時に重く動き辛い。農作業をするのなら動き安く洗い易く、できれば安価に大量消費できるものの方が圧倒的に便利である筈なのだ。
 だから人や情報の流れが速くなり経済が発展し価値観が変容すれば、このような民族衣装は早晩廃れていくのだろう。事実、雲南省では大量に出回る化繊の既製品に取って代わられているケースが非常に多い。もちろん中国の場合にはその裏に政府による漢化政策もあるのだが。しかし善悪判断はともかく、日本の着物がそうであったようにヴェトナムやラオスのこの地域の少数民族の装束もやがては冠婚葬祭以外では見られなくなるのかもしれない。


b0049671_20545953.jpg

[PR]
by meiguanxi | 2008-01-26 20:56 | メコン流域
<< 勐拉(mengla 雲南省):... シンチャイ村(ヴェトナム・サパ... >>