チベットの為に、世界の為に
b0049671_20564848.jpg
         チベットの為のキャンドルライティング Candlelight vigil 2008.4.4 東京新宿・中央公園

 今、チベットで起こっていることは決して世界の片隅での出来事ではありません。確かに世界には現実に沢山の民族問題、宗教対立、人権問題が存在します。勿論どれも同列に重要であるのですが、しかしそれでもチベットに於けることには特別な意味があると考えています。
 嘗て2001年、9.11の後にアメリカがアフガンに軍事攻撃しようとしていた時、もしそうするのならロシアはチェチェンの、中国はチベットの抵抗運動の全てにテロというレッテルを貼ることになるだろうと僕は直感したし、そのように訴えました。ですが残念ながらアメリカは軍事攻撃をし更にはイラクにまで戦火を広げました。その結果、やはり世界からチェチェンは見捨てられチベットは忘れられました。
 嘗てなら中国政府が現在チベットで行っている弾圧と報道規制とに世界は強い反応を示したことでしょう。1989年の天安門事件の時に中国に対する経済制裁が行われたのと同じように。しかし現在、世界に於ける中国の経済的重要性はあの時とは比較にならない。中国は自信を強めています。そのことに関しては中国人民とともに喜びましょう。ですが、であるからこそ中国には世界に対して責任のある姿勢を示すことが求められているのです。例えば環境問題にしろ国際河川に於ける水資源問題、食糧問題、どれをとっても中国の方向性に大きく影響されるし中国抜きには語れない。
 人権にしても同じです。いや、チベット問題は単に人権問題として矮小化されるべきではく間違いなく国際問題であるのですが、少なくとも占領下で人権弾圧が行われている。その現場から海外メディアを締め出してしまっている。そのような状況で今年の北京でのオリンピックが開催されようとしているのです。聖火を占領下のチベットに持ち込み、その象徴的存在でもあるチョモランマに登頂させようとしています。それは取りも直さずチベットが中国の一部であるという中国政府の主張を世界に宣言することに他なりません。経済的損得を優先させることによってもしも世界がこのことに沈黙するのなら、或いは喜ばしい祭りとして歓迎するのなら、世界は中国のチベット支配と人権弾圧とを少なくとも黙認することになってしまいます。そうであるなら今後、国際社会は他国に於ける人権侵害に対して言葉を失うことになるでしょう。どの国で行われている人権問題にも口を差し挟む根拠を失ってしまう。説得力を失くしてしまう。そうなったなら私たちは世界の未来に何を見たら良いのでしょう。
 世界は声を上げなければならない。決して手放しで北京オリンピックを歓迎しているのではないのだという声を。オリンピック競技それ自体をボイコットすべきだとは思いませんが、少なくとも諸手を上げて歓迎しているのではないのだということを。私たち一人ひとりに出来ることは小さい。けれど、決して黙認してしまってはいけないのだと、僕はそう考えています。



TSNJ (TIBET SUPPORT NETWORK JAPAN)

TSNJ blog

アムネスティ・インターナショナル日本

SFT (Students for a Free TIBET)

Avaaz.org









ダライ・ラマ法王日本代表部事務所


(※ 諸々の責任は負いかねますので、あくまで自己責任でお願いします)

[PR]
by meiguanxi | 2008-04-05 20:57 | Free TIBET
<< チベットの為の、世界の為の願い 祈り、願い >>