Free Tibet in 早稲田、或いは表現の自由
b0049671_18201983.jpg

(※ アバでの大地震があったために、この手の更新を憚られ。少し前に準備していたものですが、15日、日付を12に変えて
 こっそり更新します。)


 聖火がチョモランマに登頂した日、僕は早稲大学大隈講堂前にいた。勿論、大隈講堂で講演をするという胡錦濤主席に直接、抗議の声を聞いてもらうためだ。だがこの日、僕が思い知ることになったのは、言論や表現の自由といったものの危うさだだった。それらは政府や官憲の意向でこともなく圧殺されるのだという実感だ。もちろん僕はそれを知っていたが、アンノンとした生活の中で忘れ掛けていた現実の姿を四半世紀振りに身をもって思い起こさせられることになった。
 当日13:30、地下鉄東西線早稲田駅を地上に上がるとそこには何台ものの警察車両と警官達がいて、早稲田方面に向かおうとする1人1人の持ち物検査をしていた。別に疾しい物は持っていない。ところがチベット旗やプラカード、チベット旗のコピーなどを持っている人の通行は完全に規制された。全面通行止めとか通行禁止とかではない。チベット関連の何かを持っている者だけが通行を差し止められているのだ。それはあからなさな思想信条への差別であり表現の自由への抑圧だった。法的根拠を質しても回答しない。任意なのか強制なのかの質問にも回答はない。しかし無理に通ろうとて押し合いに成れば公務執行妨害の現行犯になることは確実だった。
 仕方なく暫く神楽坂方面に退く。その大通りにも100m程は警察車両が駐車している。異常な光景だ。漸くそれが途切れた少し先でタクシーを拾った。旗竿などを足元に隠し、自分も顔を伏せるようにして件の交差点(早稲田方面へは片側一車線の狭い道になる)を右折、なんとか辿り着いた早稲田大学前は数十台の警察車両と無数の警察官とでごった返していた。何か聞き分けられない大勢の群集の声がそちらこちらから地鳴りのように響いている。まさに騒然とした雰囲気だ。早稲田通りはその西側で正門に突き当たっている。ここが小さな広場のように成っていて、バスなどはここからUターンする作りになっている。だが本校キャンパスに沿って南から北にくねくねとした一方通行の狭い道があるので、タクシーはそのまま右折して進むことが出来る筈だが、この先には進めないのでUターンするようにという警察の声がスピーカーから響く。僕は運転手にUターンして停めてくれるように頼む。回り込んだ左手が大隈講堂なのだ。本校正門との間は一方通行の道で隔てられている。
 ところが下車するなり数人の警察官に取り囲まれる。そのまま早稲田通りを退去するようにと命令される。大隈講堂前がどのような状況にあるのか、沢山の警察やマスコミたちで確認できない。だが本校キャンパスを見ると正門内に沢山のチベット旗が翻っているのが見える。あそこには旗を持った人がいるではないかと問いただすと、彼らは許可証を持った人達だという。「許可証とは何の?」 「今日の許可証です」・・・今日の許可証とはいったい何のことか?抗議活動をするのに許可証がいるのか。しかも彼らのいる場所は大学構内であり、デモや集会の届けを警察に出す必要のない場所だ。本校キャンパスとは別に、大隈講堂とは早稲田通りを挟んだ反対側(タクシーが進入してきた車線側)の芝生地にも沢山のチベット旗が翻っている。それを指摘すると警察は、あれも招待状を持った人たちだと言う。招待状・・・胡錦濤に抗議をするための招待状を誰かが出しているというのか。馬鹿げている。実に馬鹿馬鹿しい。警察官達はそんなくだらない嘘まで平気でついて、既に大勢の人達がチベット旗を振り抗議の声を上げているにも拘わらず、僅か1人を排除することにやっきになっているのだ。

b0049671_18174017.jpg
                                                    通りを覆い隠す警察車両群

 いや、ここは冷静に公平な感想を言うことにしよう。おそらく警察官達の間で指示が混乱していたのだろう。僕を排除しようとしていた若い警察官は、胡錦濤主席の講演聴講者に予め届けられた許可証と、その場にいる人達への許可とを混同していたのだろう。大揉めに揉めているとやがて老練な警官が走り寄って来て僕を件の芝生地に誘導した。
 その場には300人ほどのチベット・サポーター達がいただろうか。それぞれにチベット旗やプラカードなどを手に Free Tibet!を叫んでいる。その周りを沢山の学生や野次馬が取り囲んでいる。その中には本当にただの野次馬もいれば、声を上げたり旗を振ったりはしなくと、チベットを指示したい、或いは中国政府に抗議したいという想いで見守っている人達もいた。

 騒然とした中、本校キャンパスの方を見ると夥しい警察官達が校門周辺に集まり、やがて門の金属の蛇腹を閉じ始める。中に入っていた警察隊がチベット支援の学生達をキャンパス奥に押しやっていく。この光景は You Tube で実際にその最中にいた学生が撮影した映像で見ることができる。2重3重になった警察官達が学生に圧力を掛けて押し込んでいく。動こうとしない者は力尽くで引き摺られる。倒れてしまった者の上を沢山の警察官たちが越えていく。とても大学の中、しかもこう言ってはなんだがそこらのオーナー大学でない、早稲田の構内での実際に行われていることだとは信じがたい光景だ。
 大学当局によると大隈講堂は貸しただけであり大学が関与した講演ではないという。してみれば大学が学内の秩序維持の為に警察に協力要請したのではない。もちろん逆だ。政府なり警察からの要請を受けて、自らの学内への警察力の侵入を許可し、自らの学生達が排除されることを許したのだ。もう一度敢えて言うが、そこいらのオーナー大学ではない。早稲田大学総長のこの姿勢は、ひとり早稲田の歴史に泥を塗ったというに留まらず、学府に対する暴挙だ。また、この講演には数十人の中国留学経験者や中国関係ゼミ生を除いて、一般の早稲田の学生が入ることはできなかったのだ。あとは中国関係者や政府の招待者だ。なんの為に早稲田で行われる必要があったのか。福田首相の出身校だからというのか。だとするなら権力による大学の私物化以外の何物でもない。
 やがて何台も警察バスが僕がいた芝生地の前の沿道に駐車し、正門まで一寸の隙もなく塞いだ。15:20位のことだ。それと同時に警察街宣車の上から 「旗を降ろしなさい!通行人の危険になるので旗を降ろしなさい!」 というが発せられる。しかし歩道を歩くことを許されていたのは警察官と公安とマスコミだけだった。芝生地を通る早稲田学生もいたが後方の大学建物との間には十分な空間があり、彼らにとって邪魔だったのはチベット国旗ではなく警察の封鎖それ自体だった。「各隊は旗を降ろさせるように行動を取れ!」 という指示とともに警察官たちが我々チベット・サポータたちににじり寄る。僕達は何重ものロープの内側に押し込められていたのだが、そのロープを挟んで警察官たちと睨み合いになる。「言論の自由を抑圧するな!」 「表現の自由を圧殺するな!」 と僕は目の前の警察官に叫ぶ。誰も旗を降ろそうとしない。Free Tibet!の声はますます大きくなる。誰かの怒号が聞こえる。スピーカーから警察の高圧的な命令が大音量で流れる。まさにこの時、裏道から(これは後で知ったことだが)胡錦濤主席を載せた車が大隈講堂に到着したのだ。

b0049671_18184497.jpg
                                      閉じられた早稲田正門。その内を占拠する警官隊

 この芝生地にいた抗議者の中には、いわゆる反中を口汚く叫ぶ組織やそれに動員された人々もいて、芝生地と路地を挟んで本校キャンパス側に現れた巨大な中国国旗を振っていた中国人留学生たちと罵り合ったり睨み合ったりしていたようだが、圧倒的多数は勝手に来た一般の学生であり市民だった。この勝手に来た市民や学生達は拡声器が無いにも拘らず一糸乱れずシュプレヒコールを延々と繰り返した。

 チベットに自由を!
 言論の自由を!
 教育の自由を!
 宗教の自由を!
 本物の自由を!
 チベットに平和を!
 パンチャン・ラマを返せ! (
 チベットに人権を!
 Free Tibet!
 Free Tibet!
 Free Tibet!
 Free Tibet!

 誰かが始めたコールを誰かが書き写し、それを書き写した人がその紙を誰かに配り、それぞれが離れた場所でコールをリードした為に、全員が同じコールをすることができたのだ。もちろんチベット問題である。そこにいた人達にはそれぞれの政治心情があり、僕のような左派も或いは反中意識のある右派も、またはノンポリもいただろう。仏教への信心のある者も持ち合わせない者もいただろう。だが、そこにあったのはたった1点、チベットに自由を!という想いだった。このシュプレヒコールは胡錦濤主席が早稲田を去る17:15位まで延々と途切れることなく続いていた。

b0049671_18162621.jpg
   一般人はこのファインダーの位置には立てなかった。これはマスコミの方にお願いして撮って貰った写真
[PR]
by meiguanxi | 2008-05-12 23:07 | Free TIBET
<< アバ大地震 聖火のチョモランマ登頂と日本メディア >>