シャンドゥール峠 (パキスタン): 桃源郷の渓谷と天空の湖を越えて
[ 北部パキスタン略図 ]
b0049671_1734610.jpg
                                                           シャンドゥール峠

 僕が比較的 「沈没」 しないタイプの旅行であるのは、3ヶ月なら3ヶ月で帰国して職場に復帰するという環境のもとで旅を始めたことと関係がある。3ヶ月間というと長いようだが、バックパックを背負って旅するには決して長すぎるスパンではない。勢い一生懸命に真面目に移動することになる。とはいえ、3週間 FIX のエア・チケットを持って北部パキスタンを周遊するというのはちょっとタイトに過ぎたかもしれない。
 夕方に東京を発ち夜中にカラチで乗り換えて早朝にラーワルピンディ (首都イスラマバードの隣町) に着き、その日の午後には夜行のミニ・バスで町を離れ、翌早朝には北部の中心の町であるギルギットに到る。翌日から4泊5日でフンザグルミットパスーを経て中国領新疆ウイグル自治区 (東トルキスタン) との国境であるクンジェラブ峠を往復、更に翌日にはヒマラヤ山脈東端の8000m峰であるナンガ・パルバットのベースキャンプへ向かい、1日トレッキングを含めて3日後にギルギットに戻る。そして翌日にはこの記事のルートだ。
                                    
Gakuch 付近にて                        首都から北部へのメインルートである KKH (カラコルム・ハイb0049671_1735674.jpg                        ウェイ) はギルギット川に流れ込むフンザ川を更に北東へと遡り、クンジェラブ峠へと登って行く。一方、ギルギット川はほぼ真っ直ぐに西から流れくる。この川を遡るのは未舗装のローカル・ルートだ。ギルギットから200数十キロで標高3700超のシャンドゥール峠、ここを数十キロ下るとマスツージという村に到る。
 僕が訪れた1996年当時、この間を結ぶ公共交通機関は無く、乗り合いジープは途中の村までしか走っていなかった (現在はバスが運行され、その日のうちに横断できるようだ)。本当ならそこから数日掛けて歩くというのが、おそらくシャンドゥール峠の美しさに触れる真っ当な旅なのだろうと思う。だが、なにしろ帰りの飛行機までは残り10日しかなかった。僕はギルギットからマスツージまでの間の1泊2日、ジープをチャーターすることになったのだが、自然の美しさを堪能するためにも人々との触れ合いという点からも残念ではあった。
 ガクーチまでは未舗装とはいえ比較的幅の広い快適な道が続く。ここで昼食。チャーシという村まで行くという男を拾う。チャーターしたジープではあったが唯一の交通機関である乗り合いジープの本数は少ないのだ。実はここまでにも1人を乗せて降ろしていた。運転手は僕に承諾を得、僅かな収入を得る。北からイシュコマーン川が合流している。小さな集落だが宿はありそうな村だったので、本当なら1泊してみたいところだ。この先10kmほどでホーパル、このコースで3度目のパスポート・チェックを受け、更に1人の男を乗せる。


b0049671_17361187.jpg
                                                            Roshan 付近

 この辺りから道は極端に狭くなる。ヒンドゥークシュの山塊群を縫う谷脇の断崖に付けられた道は危うい。いつ落石や崖崩れに巻き込まれても不思議ではない。だが、その分、風景は素晴らしい。ギルギット辺りでは土色をしていた川はガクーチから先、乳緑色に変わる。荒々しくそそり立つ岩山、乳緑色の流れ、狭い耕作地とポプラの緑、澄んだ空に浮かぶ雲は真っ白だ。
 この道の北側は6000m級のヒンドゥークシュだが、60kmほど北側はパキスタンとタジキスタンに挟まれたワハーン回廊だ。アフガニスタン北東部の盲腸のような領土で、新疆ウイグル自治区に繋がっている。玄奘三蔵がガンダーラからの帰りに通ったとされる渓谷だ。


b0049671_1737127.jpg
                                                              Gupis 付近


b0049671_17375376.jpg 北から支流が合流してくるグピスで同乗者の家に招かれ、チャイとナンをご馳走になる。その谷を遡ればヤスィーンに到る筈だが、今回は憧れのまま西に進む。川はこの辺りからキズル川と名前を変え、乳緑色だった流れは見事なエメラルドグリーンに澄んでくる。村外れの岩山を越えるとそこは深い緑が美しい湖だった。おそらく崖崩れによる堰止湖なのだろう。
 ところがここでパンク。予備の物に付け替えるが、これも空気が抜けている。結局、グピスまで戻り村の修理屋へ。2時間のロスだ。お陰で宿泊地のテルーに着いた時にはすっかり暗くなっていて、嘗ての氷河モレーンが堰き止めたというパンダール湖は闇の中だった。

b0049671_1739530.jpg









                   Gupis の先の堰止湖


 テルーのレストハウスで1泊するが、なにしろ全くの山の中だ。満天の星はオリオン座すら見分けられないほどで、僕に理解できたのは天の川と火星と木星だけだった。
 その晩のレストハウスのゲストは僕とドライバーと助手だけだったのだが、翌日目覚めると宿の外に日本人の学生がシュラフに包まっていた。乗り合いジープで昨夜遅くに着いたのだが、宿に人気が無いと思ったので軒先で寝たのだそうだ。後部の荷台に満員の客が立ち尽くしたジープでは、途中の景色など何も見られなかったというから、なかなか厳しい移動のようだ。ただ、テルーまで入って来るカーゴ・ジープは少なく、32km手前のパンダールまでのものが多いと聞いていたので、その点では彼はラッキーでもあったのかもしれない。それにしても彼は昨夜、まさに満点の星に抱かれて眠ったのだ。
 レストランなどある場所ではないので、レストハウスの朝食を奢り途中まで乗せて行くことにする。


Barsat 付近                                               ジープを阻む山羊と羊の群
b0049671_17395987.jpgb0049671_17404232.jpg



 テルーから先は前日の渓谷とは違って広く開けた草原を走ることになる。小さな集落が点々とあるようで、羊や山羊を放牧する人達の姿を度々目にする。物凄い数の山羊がジープの前を阻んでしまい、暫く動けなかったりもする。一面の草の緑と水の流れが眩しいほどに美しく、そして気持ちが良い。
 バルサットを過ぎるとやがてランガルの湿原になり、ここで青年を降ろす。テルーからここまで歩けば7時間の行程で、しかもテントを持っていない場合には4時間手前のバルサット泊となるらしかった。だがここから歩き出せば今日中に峠へ登り切れるだろう。峠にはテント・ホテルがある筈だ。実はこの3年後、ストライキで混乱を極めていたカトマンドゥのロイヤル・ネパール航空オフィスで彼に再会することになるのだが、勿論この時はそんなことになるとは思ってもいない。車を降りザックを背負い直す彼に手を振りながら、僕は少し羨ましさを感じてもいた。


b0049671_1741349.jpg
                                                              Langar 付近

 ランガルの湿原を回り込むと峠への登りになるが、標高差は300m程度なのでさほどの険しさは感じない。やがて広い草原にでる。下に比べれば緑は少ないが、その青さを空と競っているかのような湖が目に眩しい。湖の畔ではヤクが草を食んでいる。夏場の放牧地なのだ。
 今の僕なら例え日程が少なくなっていたのだとしても、ここでジープを返して1泊し、翌日は下りの道を数十キロ歩くという選択をするに違いない。シュラフも持っていたし荷物は少ない。だが当時まだヒマラヤでのトレッキングをする前だった僕は、少しの休憩だけで先を急いでしまった。返す返すも勿体無い。
 峠は湖を回り込んだ先になる。


シャンドゥール峠
b0049671_17423266.jpgb0049671_1743619.jpg



 シャンドゥール峠からの下りは荒涼とした荒々しい風景だ。道も危うい。対向車があれば滑落寸前といった断崖すれすれまで車を寄せなければならない。
 マスツージから谷を南西に115km、乗り合いジープで5時間も走ればチトラール。アフガニスタンは目の前だ。何時の日か峠を越え国境を越えてアフガンの地に立つことはできるだろうか。そしてその時、アフガンの人々は我々 「西側」 の人間への憎しみを抱いてはいないだろうか。だが、今のままではどちらも難しい。

b0049671_17435273.jpg
                                                          Mastuj への下り
[PR]
by meiguanxi | 2008-09-14 18:00 | インド・パキスタン
<< エンナ (イタリア・シチリア)... チトラール (パキスタン) :... >>