<   2004年 10月 ( 37 )   > この月の画像一覧
エルサレム#2(イスラエル):イエス=キリスト
[ 中東主要部略地図 ]
b0049671_2027326.jpg
                                                     聖墳墓教会(ゴルゴダ跡)
エルサレム#1:ヘブライ・イスラエル・ユダヤの続き)
                                                                オリーブの丘
b0049671_20281874.jpg紀元前1025年頃にできたヘブライ人初の国家
(ヘブライ王国)は前925年、イスラエル王国と
ユダ王国とに分裂する。その後、前722年に
イスラエル王国がアッシリアに、前586年に
ユダ王国が新バビロニアに滅ぼされる。
イスラエルの人々は離散して他民族に飲み込
まれ、ユダの人達はバビロンに強制移住させ
られる。彼等はその捕囚の中で、何時の日に
か救世主(メシア)が現れてユダヤを救い、
永遠の国が約束される筈だという宗教的信念
を強めていくことになる。

前539年、新バビロニアは勢力を急速に伸ば
してきたアケメネス朝のペルシャ帝国に滅ぼ
される。そして前537年、ユダヤ人達はカナン                               マグダラのマリア教会b0049671_2029735.jpg
(パレスチナ)に戻ることを許される。
前332年には支配者はギリシャに移る。
アレクサンダーの時代だ。宗教やローカル
文化には比較的寛大だったペルシャに比し、
ギリシャの締め付けは厳しいものだった。
その為、叛乱を起こしたユダヤは前164年、
一旦は独立を勝ち取る。だが、前60年、
今度はローマによってまたも占領される。

相次ぐ民族の苦難、ローマ支配下で腐敗する
王侯貴族の治世、パリサイ人の独善、精神的
荒廃。そんな時代を背景に、バプテスマの
ヨハネが現れる。彼はユダヤの悲運は唯一神
への信仰の荒廃によるのであり、悔い改めな
ければ神の怒りをかうだろうと予言する。                                      ゼッセマネ教会
b0049671_20294423.jpg前4年頃に生まれたとされるイエスは、彼の
弟子と成り、洗礼を受ける。

キリストとは元々はメシアに相当するギリシャ
語のクリストス(油を注がれし者)であり、
彼が自ら神の子としてメシアを名乗ったことに
由来する。イエスはヨシュア(神は救い給う)
がラテン語化したもの。
彼はエルサレム近郊のベツレヘムで生まれた
ということになっているが、史的確証は薄い。
旧約聖書によれば、メシアはヘブライ王国の
ダビデ王(ヘブライ12支族のうちユダ族)の
子孫にベツレヘムで現れると予言されている。

イエスの墓(聖墳墓教会)             マリアとヨセフの故郷であるガリラヤ(イスラエル北部)で伝道を
b0049671_20302044.jpg 始めた彼の教えは、一種の宗教改革であった。ユダヤの選民主義
 (民族主義)、律法主義、そして現世主義を否定し、地上での権力
 や富は虚しいものであり、人は神の下には平等であり、律法に
 よってではなく神への愛によって救われるのだと説いた。
 この教えは虐げられた者、貧しき者達に大いに共感を呼ぶ。
 数々の奇跡を起こしたという噂も、その求心力の助けとなった。
 しかしそれは一方でユダヤの支配層にとって異端であるばかりか、
 ローマにとっては反逆者の思想に他ならない。伝道開始から僅か
 2年、彼は捕らえられる。有罪を言い渡された彼は、自らが貼り付
 けられる十字架を背負わされ、エルサレムの町を歩き、ゴルゴダの
 丘で処刑される。紀元30年のことだ。
 キリスト教という宗教は、彼の死後、ペテロ等使徒がイエスの教え
 を伝道することで成立したものだ。

 この40年後、紀元66年に叛乱を起こしたユダヤは70年、ローマに
 よって滅ぼされる。バビロン捕囚後に再建された神殿は完全に
 破壊される。その外壁跡こそが、今日のユダヤ人達の精神的拠り
 所ある「嘆きの壁」だ。その後、135年再び叛乱が失敗し、ユダヤ
 人達は完全に離散し、パレスチナでは極少数派となる。

4世紀初頭、コンスタンティヌス帝のローマ帝国                 最後の晩餐が行われたとされる館(右手2階)
b0049671_20305520.jpgはキリスト教を国教に定める。ローマ帝国の
首都がビザンチウム(コンスタンティノポリス:
後のイスタンブール)に移されたのと相前後
する時代だ。こうなると逆に、イエスをメシア
だとは認めないユダヤ教こそが異端になる。
これにより、以後キリスト教化したヨーロッパ
に於ける、ユダヤ人達の迫害の歴史が決定
付けられた。
今日のエルサレム旧市街には、イエスが十字
架を背負って歩いたとされる路、ヴィア・ドロロ
ーサが残されており、死刑判決を受けた総督
官邸からゴルゴダ跡に建てられたとされる
聖墳墓教会まで、新約聖書のエピソードに
沿った14のステーションが設けられている。

エルサレム#3:イスラームに続く)                               (↓)聖墳墓教会内のミサ
b0049671_20312569.jpg

[PR]
by meiguanxi | 2004-10-31 20:02 | 中東・北アフリカ
エルサレム#1(イスラエル):ヘブライ・イスラエル・ユダヤ
[ 中東主要部略地図 ]
b0049671_10512951.jpg
   (↑)エルサレム旧市街(城壁より)

                                                       嘆きの壁の上に岩のドーム
b0049671_9562571.jpg 聖地エルサレム。言わずと知れたユダヤ、イスラーム、
 そして キリスト教、3つの宗教にとっての聖地だ。
 紀元前2000~1500年頃にメソポタミアを追われたセム系
 (後のアラブ主要民族の祖先)遊牧民のある部族は、
 旧約聖書によれば族長アブラハムが神から受けた啓示
 に従ってカナン(パレスチナ)に移住する。パレスチナの
 原住民たちは彼らのことを「川(ユーフラテス)の向こう側
 から来た人」という意味の「ヘブライ」と呼んだ。
 アブラハムの孫ヤコブは天子と戦う夢を見たことから、
 「イスラ(戦う)+エル(神)」と呼ばれる。
 この頃、カナンは深刻な飢餓にみまわれる。この時、
 エジプトで高官に登用されたヤコブの子ヨゼフを頼って、
 彼の一族はエジプトに移住する。彼らはヤコブの子という
 意味で「イスラエルの子等」と呼ばれることに成る。
 ヤコブには12人の息子がいた。
 以後、イスラエル人には12の支族が生まれる。
 エジプトはイスラーム以後、アラブというアイデンティティを
 受け入れていくが、そもそもはハム系民族であり、
 メソポタミアやアラビア半島の民族とは幾分違う。


嘆きの壁
b0049671_10113835.jpg    やがて時あたかもエジプト新王朝
    ラムセスⅡ世の時代、イスラエル
    人達はこの地での隷属と迫害から
    逃れ、前1250年頃、モーゼに率い
    られてエジプトを脱出し、シナイ半島
    での放浪を経てカナンの地へ再帰
    する。途中、モーゼはシナイ山で、
    ヤーベ(エホバ)神と契約をかわす。
    ヤーベへの帰依とカナンでの安住。
    モーゼの十戒だ。これがやがて
    ユダヤの宗教に成っていく。



メア・シュアリーム地区(旧市街ユダヤ人地区)
b0049671_10142384.jpg    そして前1025年頃、
    パレスチナの先住民を征服した
    サウル王が、イスラエル12支族を
    統一したヘブライ王国を築く。

    「イスラエルの子等」が
    エジプトに移住してから500年、
    つまりこのヘブライ王国を築いた
    のは嘗てのヘブライ人の一部だと
    いうことになる。




                                                          伝統的なユダヤ人男性
b0049671_10232776.jpg ダビデ王、ソロモン王の時代に栄華を極め、
 このソロモンがエルサレムにヤーベ神殿を建てる。
 だが、彼の死後、前925年頃、王国は10支族を率いた
 北のイスラエル王国と、2支族を率いた南のユダ王国に
 分裂する。
 ユダというのは、12支族の中の1つの族名で、
 ダビデ王もこの族の出身。
 また、ユダヤとは「ユダの人達」という意味。

 その後、前722年にイスラエル王国がアッシリアに、
 前586年にユダ王国が新バビロニアに滅ぼされる。
 追放されたイスラエル王国の10支族の消息は、
 歴史の中に埋もれて行った。
 一方、ユダ王国の人々はバビロンに強制移住させられる。
 この人たちはその地でもヤーベへの信仰を崩さす、
 むしろ神への帰依という絆によって、
 そのアイデンティティを強めていくことになる。
 何時の日か救い主が現れるというメシア思想は、
 こうした中での必然的希求によって生まれていったのだろう。

 数十年後、オリエントはペルシャ(アケメネス朝)大帝国の                       旧市街の典型的な路地
b0049671_10394065.jpg 時代に入る。新バビロニアを滅ぼしたペルシャは、
 ユダヤ人達がパレスチナに帰ることを許す。
 属国としてではあったが、ユダヤのヘロデ王は
 新バビロニアに破壊されたヤーベ神殿を再建する。

 しかしその後、支配者はペルシャからギリシャ、
 そしてローマへと移る。
 紀元70年、叛乱を起こしたユダヤをついにローマは滅ぼす。
 これ以後もユダヤ人達は暫くはこの地に残り、
 破壊されたヤーベ神殿の残された外壁を信仰の拠り所に
 するようになる。これが、今日の「嘆きの壁」だ。
 だが2世紀前半、再び叛乱に失敗したユダヤ人は
 離散し、多くはカナンを離れる。

 彼らの子孫を自称する現在のイスラエル人達が、
 再びこの地に彼らの国を造るのは
 1800年以上後、第2次大戦後のことだ。

  (エルサレム#2:イエス=キリストに続く)

b0049671_9451848.jpg
                                              エルサレム旧市街(シオンの丘より)
[PR]
by meiguanxi | 2004-10-28 10:58 | 中東・北アフリカ
ペトラ遺跡(ヨルダン)岩山に穿たれた古代都市
[ 中東主要部略地図 ]


b0049671_3594142.jpg アンマンから南にバスで3時間、アカバ湾の手前、
 イスラエルとの国境近くの荒涼とした山岳地帯に
 それはひっそりと隠れいる。

 そこへは入る為には、岩山に挟まれたシクと呼ば
 れる細い割れ目を通るしかない。
 それはまるで氷河に口を上げるクレバスのようだ。
 両側に迫る岸壁の高さは60~100mにもなる。
 蟻にでも成ったような気分だ。
 この路が 1.5kmも続くのだ

b0049671_411332.jpg


















(↑)シク出口:正面にエル・カズネ
                       ペトラ都市遺跡に続くシク(→)



b0049671_4503949.jpg
 シクを抜けるとそこに、
 唐突にピンク色の巨大な建造物が姿を現す。
 エル・カズネ、その高さ30mもある建造物は、
 実に岩を刳り貫いて造られているのだ。
 神殿であるとも廟であるとも言われている。

 ペトラの歴史は紀元前6世頃に遡る。
 前10世紀以来ユダヤに攻撃されてきたエドム人が、
 この岩山に要塞を築いたのが始まりだ。

 だが、本格的な造営は紀元前4世紀頃からの
 ナバティア人の手になる。
 彼らの祖先はアラビア半島から移動して来た遊牧民
 らしいのだが、詳細は謎に包まれている。
 いずれにせよ、ナバティアはエジプトからダマスカスに
 至る要衝として、交易によって財を成す。
 最盛期には、その勢力はアラビア半島やシナイ半島
 (現エジプト領)のみならず、ダマスカス辺りにまで
 及んだと言われる。

 紀元前1世紀にはローマがオリエントに進軍するが、
 ペトラはその豊富な財力ゆえに和平を結べたそうた。







                               エル・カズネ(→)



b0049671_4571133.jpg   しかしその後、ヘロデ王のユダヤに
   攻撃を受けて勢力が衰えると、
   2世紀初頭、ローマに併合される。

   エル・カズネを過ぎると、岩を刳り
   貫いた石窟群が続く。
   これは墳墓跡なのだが、この内部の
   岩肌はなんとも異様だ。
   岩中の鉄分や銅が酸化したことに
   よる赤や緑、石灰分の白。
   それらの色彩は、およそ自然の
   造型とは信じがたいほどだ。

(↑)石窟墳墓群外観          (↓)石窟墳墓群内部

b0049671_534580.jpg
   ここを抜けると視界が開ける。
   そこは岩山に囲まれた広場だが、
   これまで通って来たシクの奥に、
   これほどの広場があろうとは、
   ちょっと想像できない。

   薄暗いシクに慣れた目に、
   陽の光が眩しい。





                                                       ナバティア人歴代王墳墓群
b0049671_584582.jpg
 正面に円形劇場など、ローマ支配時代
 の都市遺跡が広がる。
 ここがペトラという古代都市の中心だ。

 ローマ遺跡群から振り返ると、
 抜けて来たシクの出口左側に
 巨大な建築群が並んでいるのを
 目にすることになる。
 ナバティア歴代王家の廟だ。




アーン墳墓(王家墳墓群の向かって一番右)
b0049671_5142863.jpg
   4つ並んだそれらは、それぞれやはり岩壁を穿って
   築かれた、それは壮麗な建築だ。

   上の全景写真では分からないが、左の近景に写った
   人間と比べると、その巨大さが分かると思う。

   さて、王家墳墓群に背を向け、ローマ都市遺跡群の
   ビザンチン教会や凱旋門を見ながら、列柱の並ぶ路を
   奥に進むと、広場は終わる。


b0049671_5184345.jpg








 ここから細い路は岩山を登る。
 急坂の険しい道で、山道というよりは岩の階段だ。
 それは800段にも及ぶ。

 視界が開けると、背後には荒涼とした岩の山岳地帯と
 割れ目のような渓谷が見渡せる。


                           岩山の路の途中から(→)

    (↓)エド・ディル(直下から
b0049671_5344345.jpg


 息を切らせながら登ること1時間、それは今度も唐突に姿を現す。
 エド・ディル、やはり岩を掘って造られたそれは、高さ45m、幅50メートル。この遺跡最大の規模だ。
 ナバティア人の主神ドゥシュラを祭った神殿とされるが、ビザンチン時代には修道院として使われた。
 ペトラの巨大遺跡群を見上げていると、2000年前の古代人達への畏怖すら禁じえない。

b0049671_5275029.jpg
    エド・ディル(全景)
[PR]
by meiguanxi | 2004-10-28 10:12 | 中東・北アフリカ
BBS 掲示板
挨拶、苦情、その他、

なんでも書き残して行って下さると喜びます。
[PR]
by meiguanxi | 2004-10-28 10:00 | BBS 掲示板
サイトマップ
   クリックすると国・地域別の詳細が出ます

      絲綢之路Ⅰ(西域)                     中東・北アフリカ

      絲綢之路Ⅱ(中央アジア)                   メコン流域

      絲綢之路Ⅲ(イラン・トルコ)                  ヨーロッパ

      ヒマラヤ・チベット                      中国

      インド・パキスタン                      雲南省と少数民族

      カフカス(コーカサス)                     Air Mail

*********************************************************

      photo album

*********************************************************

      地図                               日程

*********************************************************

      Free TIBET

*********************************************************

      愛する者へ or Profile

*********************************************************
[PR]
by meiguanxi | 2004-10-27 12:01 | サイトマップ
雲南省と少数民族

  記事
*********************************************************

  昆明 (Kunming) : 失われた街
  石林 (Shilin) : サニ族と奇岩の村
  大理 (Dali) : 洱海と白族の町
     沙坪 / 挖色 (Shaping / Wase) : 白族の定期市(大理近郊)
  麗江 (Lijiang) : 納西族と世界遺産の町
  六庫 (Liuku) : 翡翠色の河とリス族の町
  騰沖 (Tengchong) : ビルマ国境への旅
  古永 (Guyong) : リス族自治郷
  盈江 (Yingjiang) : タイ族の町
  瑞麗&姐告 (Ruili & Jiegao) : 対ビルマ貿易の最前線
  弄島 (Nongdao) : 西南中国最西端の村
  南傘 (Nansan) : ビルマ国境山岳地帯を下る
  孟定 (Mengding) : ビルマ国境タイ族の町
  ビルマ国境地帯から西双版納へ
  景洪 (Jinghong) : 変貌を超えて、喪失
  勐混 (menghun) : 日曜市 1990 的風景
     1999 的風景
     日曜市 1999 的風景
  磨憨 (mohun)/ボーテン(ラオス) : 激変する中国・ラオス国境
  河口 (hekou) : ヴェトナム国境の橋
  金平 (jinping) : ヴェトナム国境少数民族地帯
     勐拉 (mengla) : ヴェトナム国境の小さな村
  黄草坝 (huangcaoba) : ガイドブックに無い町のバス駅
[PR]
by meiguanxi | 2004-10-27 11:48
中国
  記事
*********************************************************

 直轄市            上海 (shanghai) : 失われた光景
 江蘇省 (jiangsu)       蘇州 (suzhou) : 伝統美と観光開発
 浙江省 (zhejiang)      杭州 (hangzhou) : 外国人料金とホテル、または “没有”
 広東省 (guangdong)     広州 (guangzhou) : 闇両替と “外汇”
 広西壮族自治区 (guangxi)  桂林 (guilin) : 不機嫌な服務員と “売票”
 四川省 (sichuan)      成都 (chengdou) : 四川料理と脳の関係
 陝西省 (shanxi)       西安 (xi’an) : 旅行者にとっての中国鉄道
 青海省 (qinghai)       西寧 (xining) : 草原の街、チベットの境界

*********************************************************

 雲南省関係

 シルクロード関係(甘粛省・新疆ウイグル自治区)

 チベット関係
[PR]
by meiguanxi | 2004-10-27 11:45
ヨーロッパ

  国                          記事
*********************************************************

 フランス       ―――――――――

 イタリア       ――――――――― エンナ :断崖の上の町と教会の物乞い

 スペイン       ―――――――――

 ポルトガル     ――――――――― ヴィッラ・レアル・デ・サント・アントニオの夜は更けて

 ユーゴスラヴィア  ―――――――――

 ギリシャ       ―――――――――
[PR]
by meiguanxi | 2004-10-27 11:42
インドシナ
  国                          記事
*********************************************************

 タイ        ―――――――――― バンコック : 楽宮旅社の夜は更けて

 ラオス       ―――――――――― ボーテン / 磨憨 : 激変する中国・ラオス国境
                     ルアンナムター : 変わりゆく平和な停滞
                     ムアンシン : 国境の少数民族、貨幣経済の欲望と旅行者の傲慢

 カンボジア     ―――――――――― シソフォン : 果てし無き悪路

 ヴェトナム     ―――――――――― サパ : 少数民族の市と観光化と
                     シンチャイ村 : 黒モン族の質素な村
                     バックハー : 花モン族の定期市
[PR]
by meiguanxi | 2004-10-27 11:35
中東・北アフリカ
  国                          記事
*********************************************************

 シリア      ―――――――――― アレッポ:古代商業都市への長い道
                    デリゾール:ユーフラテスに沈む夕陽
                    パルミラ遺跡:砂に消えた悲劇の貴婦人
                    ダマスカス:アラブの誇り

 ヨルダン     ―――――――――― アンマン:シリアからヨルダンへ国境越え
                    ペトラ遺跡:岩山に穿たれた古代都市

 イスラエル    ―――――――――― エルサレム:ヘブライ・イスラエル・ユダヤ
                        エルサレム:イエス=キリスト
                        エルサレム:イスラーム

 パレスチナ   ―――――――――― ベツレヘム:キリスト生誕の地
                    ― 或いはイスラエルによるガザ攻撃とパレスチナ問題を巡って

 エジプト     ―――――――――― ヌウェバ:こんな日もある

 モロッコ     ――――――――――
[PR]
by meiguanxi | 2004-10-27 11:28