<   2007年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ヤムドゥク・ツォ(チベット) : 標高4500mの湖
[ チベット周辺略地図 ]
b0049671_13284768.jpg
                                                     カンパ・ラからのヤムドゥク・ツォ


カンパ・ラを登る四輪駆動車                             1993年4月、チベットの首都ラサではヤク
b0049671_13292481.jpgホテルという民族的ゲストハウスのドミトリー(当時1泊10元:150円程)に泊まっていた。そこでたまたま同宿だった日本人2人、欧州人3人と計6人で日本製の四輪駆動車をチャーター、ネパールとの国境を目指す。幾つかの町や村などを経て、7日目に国境に着き、
8日目には徒歩で国境を抜けカトマンドゥに向かう。
 チベットには、中国が占領後に開発したものを除けば、都市と言える程の町は殆ど無い。タシルンボ寺で有名な第2の都市であるシガツェまでは町という面持ちだが、第3の町、ギャンツェになると、未舗装のメインストリートが1本、パルコン・チョエデ(白居寺)から伸びているだけの、荒涼とした集落だ。尤も、その後、漢族の流入が進んでいると聞くので、現在では随分変わっているかもしれない。


カンパ・ラ                                                  カンパ・ラに放牧された羊
b0049671_1330247.jpgb0049671_13305784.jpg



 ランドクルーザーに運転手含めて7人。助手席に2人、後席に4人。交代で乗車するが、乗っている間はそれぞれ肩を抱き合うような鮨詰め状態。値段は1人100ドルちょっとだったろうか。
 まずはラサからヤルツァンポ河を渡り南に120km、ヤムドゥク・ツォ(‘ツォ’はチベット語で‘湖’)を目指し標高4700mのカンパ・ラ(‘ラ’は同じく‘峠’)を登って行く。
 カンパ・ラには冷たい風が吹き抜けていた。残念ながら天候は良くない。チベットに於ける峠の例に漏れず、ここにもケルンにタルチョがはためいている。


ナンカルツェ郊外の農村にて                                          荒涼とした農耕地
b0049671_13313870.jpgb0049671_1332792.jpg



畑を耕すヤクと背景の褶曲地層                           標高4700mのカンパ・ラの眼下200mに
b0049671_13324290.jpgは、広大なヤムドゥク・ツォが真っ青に広がっている。その色は空と見紛うばかりで、まさに神秘的だ。標高4700mの地でも放牧が行われていた。羊や山羊は結構な適応力だ。
 一気に湖に下ると、ナンカルツェ郊外の農村。高所適応した毛足の長い牛の一種であるヤクが、農耕に利用されている。ヤクはミルクを採り毛を編み農耕に使い、時に肉を食す。高所であるチベットでは欠かせない家畜だ。耕作地の背景は褶曲地層が剥き出しになった断層。
 ヤムドゥク・ツォは広く、この後ひたすた湖畔を西に進むことになる。



b0049671_13331298.jpg
                                        カンパ・ラへの登りからヤルツァンポ渓谷を振り返る
[PR]
by meiguanxi | 2007-03-25 13:35 | ヒマラヤ・チベット
カシャーン(イラン) : 泥の街
[ 西アジア略地図 ]
b0049671_1024437.jpg
                                                            旧市街の路地

マスジッデ・ソルターニーイェ                  アラビア海から北西に入り込むペルシャ湾を陸地に延長する
b0049671_1031959.jpgと、そのままチグリス川・ユーフラテス川の流れるメソポタミア平原だ。菱形のような形をしたイランの南西辺はこのメソポタミアとペルシャ湾に接しているわけだが、このラインに沿ってザクロス山脈が聳える。エスファハンはこの山脈中部の北東裾野の細長い盆地様の高原の一角に開けた都市なのだが、更に東側にはザクロス山脈と平行する支脈が伸びている。
 エスファハンから首都テヘランへの道は、この支脈を北辺で回り込むように通じているが、僕の乗ったバスはこの支脈を潔く越え、イラン中部の低地地帯に降りる。低地といってもその殆どは砂漠で、北側にはキャビール砂漠、南側にはルート砂漠が広がる。越えて来た山脈は白い雪を抱き、走る道の周囲はキャビールの、色の無い土漠だ。メインルートからは外れ交通量も少ないが、しかし西アジアの大陸を移動しているのだという実感を強く抱かせてくれる道でもある。
 ペルシャ絨毯の産地として名高いカシャーンは、このキャビール砂漠西端に位置するオアシス都市で、パキスタン国境からザヘダン、バム、ケルマン、ヤズドを通り、コムでエスファハンからの道を合流してテヘランへ至る、いわばイラン中央を南東から北西に突っ切るルート上に位置する。
 今はこの街に関する情報もそれなりに充実しているようで、ちょっと検索してみてもフィン庭園やテペ・シャルク遺跡など郊外の見所の他、昔ながらの景観を有するアブヤーネ村へのゲットウェイとしても紹介されている。
 だがこの時に僕の持っていたガイドブックには、サファビー朝シャー・アッバースの宮殿を有するバーゲ・タリキイェ・フィンという庭園が郊外にあるという程度のインフォメーションしか掲載されていなかった。知らないということは恐ろしいことだ。アブヤーネ村を知らなかったことなど特に、今では地団駄を踏む思いだ。

ハビーブ・エブネ・ムーサー廟                                              絨毯の洗浄
b0049671_104266.jpgb0049671_1045382.jpg


 ところでこの時、僕はトルコから中央アジアへ至るべく、その通過地としてイランに入国したので、2回目だったイランは実のところマシュハドさえ見られれば良かったのだ。トルクメニスタン入国期日までの日程を消化する為もあってエスファハンの金曜礼拝を訪れた後、どうしてカシャーンに寄ろうと思ったのか、実のところ判然としない。イラン式宮殿と庭園に感心があった訳でもないし、なにしろ殆ど行き方くらいしか情報が無かったのだから、ちょっとした気紛れ以上の興味があった訳ではないことは確かだ。
 確かに僕はアブヤーネ村もフィン庭園やテペ・シャルク遺跡も目にしていないわけだが、それでもこの街を訪れた気紛れに、僕は感謝した。落ち着いた賑わいの表通りからアーケードのバザール通りに入る。地方の小都市的バザールで、それ自体はそれほど珍しい光景ではない。
 バザールの一角から裏路地に出る。そこに現れたものは土色の世界だった。日干煉瓦と泥で塗り固められた家並みが犇いている。その向こうにモスクや聖者廟のドームが聳えている。そのドームも土の色だ。まるで中世に迷い込んだような錯覚に陥る光景だ。


b0049671_1053455.jpgb0049671_106099.jpg



b0049671_1063369.jpgb0049671_1071114.jpg


泥の家々が犇く路地を彷徨っていた時、一人の男に呼び止められた。彼は僕が立っていた前の絨毯ファクトリーを経営しているのだという。と言われても、そこに建っていたのは周りと変わらない泥壁の住宅だ。中に入ってみると、漆喰で塗り固められている所為か、鉄筋の建物かと錯覚するような感じだ。2階でチャイを御馳走になりながら、絨毯の洗浄を見学させてもらった後、更に上階から屋上へ。
 そこで僕が見たものは、この8年前に見たアルゲ・バムが現在に蘇ったかと見紛うばかりの、日干煉瓦と泥の屋並の連なりだった。そしてそれは今現在なお人々が生活する生きた街で、かなりの大きさを持った都市だった。欧州に石の文化があり東アジアに木の文化があるように、ここイランには脈々と営まれてきたのだ泥の文化が確かに存在したのだ。

b0049671_1075552.jpg
                          カシャーンへ向かうバスの車窓(ザクロス山脈の支脈とキャビール砂漠)
[PR]
by meiguanxi | 2007-03-21 02:46 | 絲綢之路Ⅲ[西亜]
シェキ (アゼルバイジャン) キャラヴァン・サラユの宿
[ カフカス略地図 ]
b0049671_10194279.jpg
                                                           旧市街の丘から

 ツアーではなく、長距離バスを乗り継ぐ地を這うような旅の場合、メインディッシュのハイライトの連続というわけにはいかない。しんどい移動で地味な町に着き、質素な食事にあり付き、冷たいベッドに潜り込んで寝る、そんな日の方が多い。
 特にカフカスの国などの場合、アコモデーション面での整備が遅れている上に、ガイドブックに載っているソ連時代のホテルも荒れ果てて閉鎖状態だったり水が出なかったり、そんなことが日常茶飯事だ。勿論、都会には高級ホテルはあるが、東南アジアやインドなどにあるタイプの安宿やゲストハウスも殆ど無く、個人的に旅行者を相手にしている人の家に民泊することもしばしばだ。それも民宿という程に整えられているケースは少ない。もっともこれは2000年当時の旅行事情で、今では民宿などの情報もそれなりに手に入れ易くなっているのかもしれない。
 さて、そんな訳で今回は地味な記事だ。

帝政ロシア時代の瀟洒な建築が並ぶ旧市街の丘                   街の中心を流れるキシュチャイ川
b0049671_10225785.jpgb0049671_10405441.jpg


                              シェキ旧市街の人々
b0049671_10282333.jpgb0049671_10292291.jpg


 アゼルバイジャンの首都バクーから西へ向かうルートは2つに別れる。ひとつは乾燥した平原を走りグルジアの首都トビリシに至る道。こちらがメインルートで、鉄道も平行している。もうひとつは山がちな地域を走り同じくグルジアのカヘティ地方の中心テラヴィに至る北ルート。2つの道は途中からグルジア領の大カフカス山脈の支脈で隔てられる。
                                     ターミナルを出て北ルートを西に向かうミニバス(ワゴン)は、
ハーン・サラユ(シェキ・ハーンの宮殿)           一面の草原地帯を走り、古都シェマフを通過し4時間程で、ガバ
b0049671_10332473.jpgラに着く。現在のアゼルバイジャンのある地域は昔、アルメニア人の土地だった。古代にはゾロアスター教、4世紀にキリスト教を受け入れた。その後、アラブの進入でイスラム化し、セルジューク朝トルコの11世紀以後にトルコ化した。
 ガバラは1世紀から18世紀の都市遺跡で有名だが、現在は小高い台地に土塊が残る程度で、往時を偲ぶには想像力を要する。ガバラのホテルは閉鎖中で、乗り合いワゴンの運転手が別の宿を探してくれるが、ロッジのようなその宿に他に宿泊客は無く、怪しげな外国人の到来という噂は小さな町中に直ぐに広まった。尚、掲載した写真は全てシェキのもので、ガバラの写真は無い。

ユルカ・キャラヴァンサラユ(現在はホテル)                           キャラヴァンサラユの2階回廊
b0049671_1036596.jpgb0049671_1037354.jpg


自室の入口                                            キャラヴァンサラユの宿自室にて
b0049671_10381717.jpgb0049671_10391029.jpg


 ガバラから山がちな道をバスで2時間、シェキという町に着く。アゼルバイジャンを支配したサファヴィー朝ペルシャが18世紀に滅びた後、シェキは地方国家としてハーンが治めた。町には往時のシェキ・ハーンのペルシャ風の宮殿ハーン・サラユとその城壁が、公園として残っている。高台の旧市街には古い街並みも見られ、落ち着いた雰囲気が流れる。ここは養蚕が盛んで、その名はヨーロッパにも知られたため交易で栄えたが、当時のキャヴァン・サラユは現在でもホテルとして営業している。近世の商隊の夢の後だ。
 シェキからバスと乗り合いワゴン、タクシーを乗り継いで3時間半ほど更に西に走れば、グルジアとの国境だ。

b0049671_103937100.jpg
                                            キャラヴァンサラユ2階回廊からの中庭
[PR]
by meiguanxi | 2007-03-17 10:59 | カフカス
ポタラ宮(チベット・ラサ):雲上の宮殿
[ チベット周辺略地図 ]
b0049671_22361143.jpg
                                                        前面直下からのポタラ宮


ジャマリンカ(キチュ川の中洲)から                         チベットの首都ラサ。現在は中国占領下に
b0049671_2237095.jpg於ける西蔵自治区とされているので「区都」なのだろうが、敢てこう呼ぶことにする。その中心がこのポタラ宮だ。中心といっても、地理的には町の外れにあるのだが。
 青海省ゴルムドからのバスは、途中1泊した2日目の夕刻、ラサの町の西の郊外に到着する。近くには高級ホテルもあるが、目指すのは旧市街の安宿。声を掛けてきた馬車と値段の交渉。大八車のような荷台は間断なく揺れ、高度障害の為に揺れに呼応して激しく頭が痛む。しかし左手を見ると、それは圧倒的な威容で聳えていた。何年ものあいだ夢に見てきたチベット、その首都であるラサにとうとう来たのだという感慨を、間違いなく強烈に
                                              抱かせてくれる光景。それがポタラ宮だ。
 ポタラ宮はチベット仏教四大宗派のうちゲルク派の指導者であるダライ・ラマが、政治的指導者としての立場をも掌握した5世の時代(17世紀)に建設され始め、その後、各時代に増築された。以来、300年に渡ってチベットの政治・宗教の中心だったのが、このポタラ宮だ。

b0049671_22374528.jpg
                                                          ポタラ左翼からの紅宮

 もともとのチベットという土地および民族居住地域の概念は、現在の自治区の倍にも及ぶものだった。だが18世紀前半、東部のカム地方の大部分、続いて北部のアムド地方全域が清朝によって分割させられる。現在、前者は雲南省の北西部、四川省の西部などに編入させられ、後者は青海省の大部分を占める。(詳しくはダライ・ラマ法王日本代表部事務所H.P.のこちらを参照)「西蔵」という言葉が示す通り、現在の自治区はチベットの西部(正確には西南部:大部分がウ・ツァン地方)を指すに過ぎないのだ。
 20世紀初頭、辛亥革命によって清朝を倒して成立した中華民国もこれを継承する。1949年、国民党軍を破った共産党軍が樹立した中華人民共和国(現中国)はカムやアムドなどのチベット人居住地域に複数の蔵族自治区を設けるが、徐々にその支配を強め、ついには「解放」の名の下にウ・ツァンへの侵攻を始める。1959年、ついにダライ・ラマ14世はインドに逃れ、中国がチベット全域を占領支配することになる。後、1965年に西蔵自治区を発足させるが、カム・アムドはこれには属さず、青海・四川・雲南など各省に分割されたままとなっている。
 占領下のチベットを脱出したダライ・ラマ14世は、インド西北部ヒマラヤ山脈山中のウッタルプラデーシュ州ムスーリーに亡命政府を樹立する。翌60年、ヒマーチャル・プラデーシュ州ダラムサラの郊外、マクロードガンジ(ガンチェン・キション)に拠点を移し現在に至る。

巡礼者(屋上中庭)                   内部一室への入口                ポタラからの市街地
b0049671_22384085.jpgb0049671_22392037.jpg
b0049671_22395180.jpg


 このダライ・ラマはあまりに有名だが、ゲルク派第二位の称号をパンチェン・ラマという。チベット第二の都市であるシガツェにあるタシルンポ寺の座王だ。チベットに於ける指導僧の地位は世襲ではなく、その死後49日目に新たに受胎され、その生まれ変わりが5歳程になった頃に彼は捜索される。ダライ・ラマが亡くなった時にはパンチェン・ラマが、パンチェン・ラマが亡くなった時にはダライ・ラマがその責を負う。
 1989年1月、中国に占領された後も自治区に残ったパンチェン・ラマ10世が死去する。これを受け95年5月、ダライ・ラマ14世は当時6歳の少年をパンチェン・ラマ11世と認定する。しかし中国政府は「外部からの干渉は無用」だとしてこの決定を退け、独自に11世を即位させる。そしてダライ・ラマが認定した少年は、家族と共に中国政府によって軟禁され、現在まで消息は不明だ。

屋上中庭からの白宮                                  中国政府認定のパンチェン・ラマの誕生は、
b0049671_22404848.jpg14世死後のダライ・ラマは中国政府傀儡に成ることを意味する。「外部からの干渉」とはいったい何であるのか。
 内モンゴル自治区の都市部が既にそうであるように、このラサに於いてさえチベット語を解さない子供達が出現しているという。我々は言いたいことを言語にしていると誤解しがちだが、実は内容は言語によって産みだされている。その意味で本来、言語は翻訳不能なものであり、文化の素そのものなのだ。勿論、中国政府が公然と言語統制をしている訳ではない。しかし結果的に生じているこの言語侵略は、民族と文化との ethnic cleansing に他ならないと言っても過言ではないだろう。

 マクロードガンジの亡命政府は民主的なチベット政府の樹立とチベット全域の平和地域化とを構想し、亡命者の子供達への教育に力を入れている。だが現在は様々な状況からチベットの独立をではなく完全な自治を求めているようだ。また、占領下での中国化が進む中、チベットの文化を残し、更に亡命者達が自立できる為のチベット人コミュニティをインド各地に建設しているのも彼等の仕事だ。
 チベットの独立、或いは完全な自治が達成された時、民主政府の下でダライ・ラマは政治の舞台に残る積りはないのだが、この天空の城に、その本来の主が帰る日、そしてチベットという土地がその本来の人達の手に戻る日は、何時かついに訪れるのだろうか。…勿論、現状は悲観的だし、前途は暗澹としている。

b0049671_22413883.jpg
                                                      タクラ・ルプク寺からのポタラ
[PR]
by meiguanxi | 2007-03-14 22:42 | ヒマラヤ・チベット
ラサ(チベット):天空の都
[ チベット周辺略地図 ]
b0049671_12534744.jpg
                                                             ポタラ宮遠景

キチュ川の渡しに使われるヤク・ボート
b0049671_12555998.jpg 敦煌からバスに揺られること12時間、アルチン山脈の4000m近い峠を越え、ツァイダム盆地を縦断すると青海省ゴルムドに至る。ここからチベットの首都(現在は中国支配下の自治区にされているので区都なのだろうが、敢えてこう呼ぶ)ラサまでの1166kmをバスは1泊2日掛けて走るが、標高5231mを最高に幾つかの峠を越える為、かなりハードなルートだ。
 僕が行った1993年には公路のアスファルトが壊れた所が続き、オフロードをのらりくらり走る当時のボロバスは、一時も水平を保たず、バックシートの僕は大袈裟ではなく、何度、頭を天井にぶつけそうに成ったことか。夜中、真っ暗な村の電気も無い簡易宿泊所で1泊。飯といえばトゥクパ(チベット風うどん)しかない。高所障害の症状で激しい頭痛に苦しんでいたが、とにかくそれを詰め込んで、湿ったベッドで眠りに付く。
 翌朝はまだ暗いうちから出発、ほんの仮眠だ。ベッドに起き上がるなり、土間に嘔吐する。胃の内容物がそのままそっくりスポンッと体外に出る。トーチで照らすと、ホットケーキのような綺麗な丸い形だ。昨夜の食事は全く消化されていなかったのだ。本気で辛かったのだが、だからと言ってそんな所に一人で残る訳にもいかないし、バスの出発を遅らせる訳にもいかない。この日も悪路とサスペンション最悪なバスの為に、両手は前のシートの手摺を必死で握り締め、両足は地面に強く突っ張っていなければならなかった。両腿に鈍く重い、そして耐え難い痛みが蓄積していく。ラサから直ぐに飛行機で低地に降りようか、そんな思いに捉えられる。しかし…


街の中心にあるチベット寺院・ジョカン(大昭寺)                      ジョカン前で五体投地する巡礼
b0049671_12564986.jpgb0049671_12572641.jpg



バルコル(八角街)で読経する僧侶と巡礼
b0049671_12581149.jpg 旅をしていると、「ああ、この瞬間の為に旅して来たんだな」と思える一瞬がある。両腿のとてつもない鈍痛、相変わらずの頭痛…車窓左遥か前方に、初めてポタラを見る。何年この地を夢に見続けて来たことだろう。郊外でバスを降ろされ、馬が引く大八車の様な荷台で一瞬々々響く頭痛に耐えながら、しかし今、目の前を横切っているポタラ宮の姿に、そこに自分がいるという現実を上手く掴めない。「これだから旅はやめられない」…間違いなくそう思える一瞬だ。
 その夜、汚い土間の飯屋で、モモ(チベット風餃子)をツマミに、痛みも忘れて既にビールを呑んでいた。


      バルコル(ジョカンを取り囲む周回路)に並ぶ露店
b0049671_125946.jpg



マニ車と老婆:ギャタ・ラモチェ(小昭寺)にて                 セラ寺から遠くポタラ宮を望む(拡大参照)
b0049671_12593756.jpgb0049671_130976.jpg



 チベットの首都ラサの標高は3650m。チベットには「一日に四季がある」と言われる。この時は4月だったのだが、半袖で充分なほど暖かいかと思うと、急な風はあっという間に雲を運び、アラレを降らせる。晴れれば空は何処までも蒼い。乾燥し空気の薄いこの蒼だけは、他では見られない色だ。
 町にはチベット中からの巡礼が溢れ、ポタラやヂョカン寺にはヤクのバターを灯された灯明の匂いが満ちる。巡礼は皆貧しく汚れているが、その姿は敬虔だ。

 だが、近年急速にこの町も変わりつつある。漢族が大量に流入し、町には真新しい建造物が犇いているという。91年に初めてこの地を訪れ2000年に再訪したチベットに造詣の深い某氏は“ラサはもうチベットではない”との感想を漏らした。おそらく、僕の見たチベットの首都ラサは、既にそこには無いのかもしれない。そして昨年、ついにゴルムドからの鉄道が開通した。チベットの経済的発展は喜ぶべきことであろうが、それが中国主導で行われるものである現実に、憂鬱な思いを禁じえない。

b0049671_1324559.jpg
                                                                キチュ川
[PR]
by meiguanxi | 2007-03-09 13:06 | ヒマラヤ・チベット
古永 (Guyong 雲南省) リス族自治郷
[ 雲南省略地図 ]
b0049671_7554244.jpg
                                                            メインストリート
リス族のカップル
b0049671_7562498.jpg 騰沖(タンチョン)からミニバスで更に北北西に2時間ほど田舎道を行くと、ほんの小さな町に着く。町と言うより村だ。ビルマ国境までは山道の道路距離でも、もう30kmといった処。
 古永(グゥヨン)リス族自治郷は、ビルマへの街道脇に、1周しても10分掛からない周回路を中心に集落が集っていて、幾らかの商店が並んでいる。周囲にはリス族の農村が点在しているが、この辺りで商店と呼べそうなものがあるのはここだけだ。
 六庫(リィゥク)から直線距離では100kmも離れていないが、六庫のある怒江(ヌゥジィァン)の谷からは幾つもの山と谷で隔てられている。この辺りのリス族は花リス族と言って、怒江のリス族とは言語が違うそうだ。タイ北部のリス族の言葉はここと同じだと言う。

近隣の村の民家                                               水路で野菜を洗う農民
b0049671_7565699.jpgb0049671_7572765.jpg


 町の建物の殆どは2階建ての木造建築で、何故か黄色くペイントされた家が多い。新しく造られたホテルが唯一のビルと言って良い。それでもシャワーは無いと言っていた。僕が泊まったのは、個室で1泊100円程度の木造の宿だった。トイレは豚が放し飼いにされた屋外の掘っ立て小屋。勿論、溜置きに板を渡しただけのもの。小屋の外に井戸があったが、この家の水利施設はこれだけ。豚に睨み付けられながら洗面をすることになる。

宿向かいの飯屋                         宿の下階は飯屋に成っているが、ひがな閑散としていて、客
b0049671_75814100.jpgは、まず来ない。土間に置いたテーブルは高さ50cm、椅子は20cm位だろうか。風呂の腰掛のような木製の椅子だ。キッチンとの境に棚があって、虫除けの網戸が付いている。覗くと変色しかけた豚肉と萎れかけた青菜が僅かばかり並んでいる。冷蔵庫なんて物はない。客も殆ど来ないから、これで充分なのかもしれない。調理は、土を固めた竃(かまど)に薪を入れて火を付ける。至ってシンプルだ。
 こんな田舎の町にも、1軒だけカラオケ屋がある。防音施設などあるわけはないので、静かに深け行く小さな町に、誰かの音程の外れた中国演歌が哀愁を帯びて響く。

 雲南での少数民族の定期市は「街子」(ガィヅ:雲南読み)というが、街子の時には周辺の村々から沢山のリス族達が集まって賑わうようだ。残念ながら僕は出会わなかったのだが、この町で数日待つというわけにはいかなかった。道端には、その時に使うのだろう縁台が並んでいる。普段は、町中で民族衣装を目にすることは殆ど無い。実は文革時代に漢族が入植させられ、町と周囲の近い村には主に漢族が住んでいる。
 ところで、こんな辺境ではあるが、清朝末期、騰沖に英国領事館が置かれたこともあり、ビルマからの翡翠貿易のルートだった。第二次大戦中には援蒋ルート(「六庫」の記事参照)の中継地でもあったのだ。

リス族の夫人                     b0049671_7584259.jpgb0049671_759815.jpg


 騰沖への早朝のミニバスは7時と8時。8時のバスに乗るべく7時に起床する。雲南西部の1月、北京基準の時間なので7時といえばまだ暗い。経度から言えば5時半位の筈だ。目覚ましと同時に外でクラクションの音が鳴る。続いて控えめなノック。宿のおばちゃんがバスの到着を知らせに来たのだ。8時のバスにすると言っても、有無も言わせない勢い。前夜、バスの時間を訊いたので、運転手に連絡してくれたようなのだ。大慌てで20分で準備を済ませると、バスはちゃんと待っていた。僅か12元(180円位)の客の為に20分も待つのだ。しかも客達も誰一人嫌な顔ひとつしない。
 だが中国の経済発展の波に乗って、この国境も注目を集めつつあると言う。この素朴な町も、他の中国の町同様、早晩大きく変貌して行くのかもしれない。(訪れたのは99年1月)

b0049671_7594672.jpg
                                                                  市場
[PR]
by meiguanxi | 2007-03-03 03:32 | 雲南省と少数民族